FC2ブログ

勝家への返答

2018年06月08日 18:41

978 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/06/08(金) 17:47:16.27 ID:K7zh36zA
清須会議の後、織田信雄と織田信孝の対立が顕れ、諸大名は信雄・羽柴秀吉方と
信孝・柴田勝家方へと分かれた。

そのような中、蒲生氏郷は妻が信長次女であり(相応院)、信雄も信孝も自身の
小舅であることから、どちらに付くとも態度を表明しなかった。
そのため柴田勝家からも羽柴秀吉からも、平に頼み申すとの遣いが送られた。

蒲生家に対して世間ではこう考えていた
「蒲生父子は柴田勝家の寄騎として、勝家出陣の時は先手を任され毎回手柄を成された。
勝家が越前を拝領された後は柴田とは離れたが、最前よりの好であるから、きっと柴田に
同心するだろう。」

しかし氏郷はどう考えたのか、勝家に対して切れ目(断交)の返事をした。
蒲生家では安井孫右衛門という者を越前に付け置いていたのだが、彼を一旦帰国させ、
その上で使いとして勝家の元へ向かわした。

安井が蒲生の返答の内容を申すと、勝家は「思いもかけないことだ、蒲生は必ず味方となると
思っていたのに。」と、力を落とした様子であった。その上で、勝家はこの安井孫右衛門に
別して目をかけていたので

「今度の合戦に討ち勝てば、近江国にて存分の知行を宛てがおう」と、折り紙を渡して
帰させたという。

(氏鄕記)

勝家はいい人だな



979 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/06/08(金) 19:13:33.87 ID:A67A5fmZ
>>978
>勝家はいい人だな
まあ裏を返せば悪い人には勝てないな…
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    1
    確かにカメ割りとかのせいで脳筋なイメージは有るが、せめて(運の)悪い人くらいにしときましょうや。なんか武将バカにしてるの見たら腹立てる人も居るし…
    しかし、秀吉との対決姿勢以外に柴田の親父の生きる道は無かったのだろうか?

  2. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    お互いに頭を戴いている以上、折れるのは難しいんじゃないかな
    信孝が従順だったら違ったかもしれないけどね
    それでも秀吉の下風に立てるとも思えんしやはりぶつかるんじゃないかね

    波風立てるようにわざわざ書くんだから*1は荒しじゃないの?

  3. 名無しさん | URL | -

    信孝についたのは失敗だと思う
    信雄がダメな人間でも
    家臣が上を値踏みしたわけで非礼として相手に付け込まれる
    順序を損ねる行為は家の和を乱す行為

  4. 人間七七四年 | URL | -

    真面目な話をすると賤ヶ岳の前に、織田信孝が三法師の身柄を確保していたため、秀吉は池田勝入、丹羽長秀などと結託して、織田家家督を信雄に変更してる。これで織田家はその変更を認める側と認めない側に完全に割れた

  5. 人間七七四年 | URL | -

    まあ書いた人に悪気は無い、冗談のつもりだった… にしても、少し前の滝川さんの時みたいに猛烈に反応する人居るからね…

    ネット社会って難しい

  6. 人間七七四年 | URL | -

    遣わされた使者を切る事なく無事に帰した勝家の、人間が出来てる話しで終われんのかね。

  7. まとめ管理人 | URL | -

    大変申し訳ありませんが、逸話とあまり関係がないと判断したコメントを消去させていただきました。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    結果うまく行っていないとは言え、秀吉・勝家の緩衝地帯にある蒲生家の重臣に内応の種を仕込んでいるから勝家もやることはやっていると受け取れるけどね。上手く行けば秀吉は伊賀方面からしか尾張の信雄と連携が取れないから大軍の素早い展開が出来なくなる
    下手に使者を殺害するより考えた対応で人の良さ云々とは別ベクトルだよな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    勝家は謀略というより知略で人を動かしてる印象ある。
    活躍の中で目立たないけど。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    秀吉が値踏みするのは良いの?

  11. 人間七七四年 | URL | -

    本能寺の変で上杉と和睦出来なかったのが痛すぎる
    毛利と上手く和睦出来た秀吉の方が勢いがあった
    この辺で勝家=交渉下手と言うイメージが出来たのかもしれない

  12. 人間七七四年 | URL | -

    確かに秀吉はなんでも速いね、まぁだからこそ特別なんだろうけど。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    >>上杉と和睦
    秀吉と毛利家=中国地方の戦況と、勝家と上杉家=北陸の戦況は全然違う以上、
    なぜ出来なかったorしなかったとか言うのは少し酷だと思う。
    それを言ったら他の地域の武将達だって状況把握の時点で差がありすぎるもの。
    秀吉は密使を捕まえる事が出来たから判断材料を手に入れたに過ぎない。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    形勢不利ながらまだまだ余裕のある毛利
    とっくに王手がかかってて必死の上杉

    毛利とは交渉しようという気にもなるが、上杉相手だったら叩き潰す一択だろうな
    魚津城にいたのが秀吉でも和睦は考えなかったと思う

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ホント、上杉家は風前の灯だったと思ってる。ただ北陸軍団の魚津城攻めよりも、
    甲府からの武蔵さん横槍の方が相当厄介だったと思う<こんにちは、鬼武蔵です。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    確かに本能寺の変直前の上杉は完全に詰んでますよね。
    御館の乱の後遺症が残っているし、越中には勝家、越後国内も揚北の新発田(新発田も御館の乱の戦後処理の失敗が原因だが)と東西から"しばた"に信濃の長可に上野の一益と滅亡しか無い状況かと。
    事実景勝も最早戦って華々しく散るしか無い旨の手紙送っている位ですし。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    そんなどっちを向いても絶望しかない状況からかろうじて生き延びた戦国屈指のラッキーボーイ景勝

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※17
    関ヶ原でも西軍が決起してなかったら血祭りにあげられたのは確実だったしなぁ
    景勝は追い込まれてもギリギリで滅亡を回避できるという運はあるね。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    >>景勝
    一連のピンチもそうですが、側室一人だけが子孫を残して家名存続もある意味でギリギリでしたね
    最近では男色家は間違いだったのではとの見方も出ているので、単に気難しい人だったのかも?

  20. 人間七七四年 | URL | -

    景勝(今じゃ誰も心配なんかしてないだろうな どうぞ攻撃してもいいよ)
    景勝(別に無鉄砲なんかじゃないんだよ アタマもそこそこ使ってる)

    兼続「ギリギリじゃないと僕ダメなんだよ、と仰っています」

  21. 人間七七四年 | URL | -

    戦国強運(土壇場限定)四天王があったら政宗と並んで名前上げられそう>景勝

  22. 人間七七四年 | URL | -

    ※21
    四天王だから後残り3人wは誰だろう?

  23. 人間七七四年 | URL | -

    ※22
    ほぼ異能生存体の日根野さんとかどうかな

  24. 22 | URL | -

    ※23
    あの人は生命力はかなり強いとは思うし、あんだけ選択間違えても子孫がなんとか旗本として辛うじて存続しているから一応キープかと。
    1人で四天王よりマシだけど、後2人誰かなあ。

  25. 人間七七四年 | URL | -

    景勝政宗級の強運(土壇場限定)の持ち主ってなかなか思いつかないな
    信長家康は土壇場以外も強いし島津や輝元はいまいち絶体絶命感が足りないし

  26. 人間七七四年 | URL | -

    天庵様は土俵を割ってからの強さだからギリギリとは少し違うんだよあ。
    ギリギリセーフじゃなくて一旦アウトになってるというか。

  27. 人間七七四年 | URL | -

    土壇場限定なら那須宗家も当てはまる気がする
    江戸時代は改易されてしまったが……

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11337-fbd0633b
この記事へのトラックバック