FC2ブログ

大阪冬の陣の和睦の時

2018年06月24日 14:44

878 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/06/24(日) 00:07:50.74 ID:AYWzaaZT
大阪冬の陣の和睦の時、大阪城内では、城の弾薬、兵糧米などが尽きようとしているので、
豊臣秀頼一人が腹を切る事で、籠城衆を助けるのだと取り沙汰された。
そして、例え兵粮が多く有ったのとしても、大阪城から5里隔てた幕府方の附城4ヶ所ほどに
それぞれに大名衆を置き、結局兵糧攻めにされるのだとも言われた。

その時城内より遣いとして参ったのは松の丸殿孝蔵主であったという。
大阪章(ふみ)と申すのは文英清韓長老が書いたものだという。

(長澤聞書)

冬の陣講和の時に、大阪城内で言われていたこと



879 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/06/24(日) 15:54:28.25 ID:u7rojT8f
結局、遅かれ早かれだったな。
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    秀頼も元々集まってるやつの経歴見たら、やめとけよ。

    まあ浪人衆の経歴見てワクワクしちゃったんだろな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    当主とは言え家の方針を自在に決められる訳じゃないからね
    家中の総意に突き動かされてるだけのようだし
    そういった連中の判断からしても、大名がまったく味方につかない事は想定外だったのかも知れん

  3. 人間七七四年 | URL | -

    結局豊臣家と言う大大名家が、寄せ集めの大名連合でしかなかったと言う証拠でもあるね。
    それぞれの家にしてみれば、天下人秀吉に逆らうメリットがなかったから従っただけだし。

    関ヶ原後に領地が減った後でも残った連中の殆どが独立大名になるのが難しい奴か、片桐の様に役目
    として居ざる得なかった人も居るし。真に豊臣政権に忠誠誓ってる人達って大野家くらい?
    (多少個人の偏見入っているけどね)

  4. 人間七七四年 | URL | -

    大谷吉治とか、増田盛次とか、妻子をおいて駆け付けた毛利勝永とか、少ないながらも旧臣の一門で来てる人もいるような…。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    毛利勝永はまだしも他は浪人だから忠誠かと言われると...

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    大谷吉治は一説によると親父を戦死させて自分は戦線離脱したと言われて、何処からも雇って貰えずに
    浪人した説があって、行く所なくて入城した可能性有り。
    増田盛次は大阪方へ気持ちがあったと思われる記述があり、主の義直は入場する事知ってて大阪へ
    送り出した感あるから、確かに忠義と言えなくもないけど。結果的に親父死んでるしなぁ・・・

    あとは、細川みたいに親子喧嘩の末で入った奴や織田家みたいに一門の付き合いで入った奴ばかりだしね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11358-9629626c
この記事へのトラックバック