FC2ブログ

黒田長政、夢のお告げで・悪い話

2009年01月31日 00:11

45 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/30(金) 16:49:05 ID:pcAVUYEu
クロカンJrのお話でも

ある日、暇をもてあました長政たんが鷹狩に出かけると…
道端に百姓が刀を腰にさしてうずくまってるのを見かけた

百勝の分際で帯刀しているのを不審に思った長政たんが馬廻りの近習に理由を聞かせると、
その百姓は「この二、三夜続けて夢のお告げがありました。この先祖代々相伝の刀を殿様に献上するようお告げがありました。と、いうわけでよろしくお願いします。」
とかしこまって答えた。

近習が長政にこれを報告すると、長政たんは大いに喜んだ。

その百姓を召し出して、
「本当に不思議だにゃー。わしも昨夜に同じ夢を見たんだにゃ。献上された刀で、持ってきた奴の首を刎ねよ、とのお告げだったんだにゃ。
まさしく君の夢と合致しておるにゃ。天よりの指図つーことでそのとおりにするにゃ。恨むんじゃないにゃ。」

と、答えざま、近習達に捕らえさせて、その男から献上された刀で首をたたっ斬った。




49 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 17:17:11 ID:Ww7mfOne
>>45
これは刀狩りの一環と読むべきなのか・・長政さんッパネェっす!って読むべきなのか

51 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 18:18:25 ID:dAi7PLlt
>>45
理不尽すぎるwww

53 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/30(金) 19:21:48 ID:pcAVUYEu
>>49
>>51

すまん、もうちょっと調べてみたんだが…

この男は刺客だった…"らしい"

決して、刀の褒美を取らせるのが惜しかったわけではry

54 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 19:30:45 ID:naGKHdbL
どうせ細川が放ったんだろう。

59 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 19:46:39 ID:qzOY+os9
>>54
忠興 「わしがそんなことするわけ無かろう」
忠恒 「ですよねー」

60 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 19:54:29 ID:C+qOQxgg
忠興、自分の息子には腹切らせたが。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1138-5007ea5e
    この記事へのトラックバック