FC2ブログ

小出吉政ノ内通

2018年07月19日 17:56

935 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/07/19(木) 16:28:39.69 ID:byt+X2Jt
小出吉政ノ内通

7月26日(1600年)、忠興君は(細川忠興)“ふき”という宿に御泊りになった。
同27に上蓑<一本ニ上美濃>の方へ赴きなさったところ、向こうから来た者が下馬した。

「誰の御衆で候か。乗り通られよ」と御使者を遣わされたところ、「小出大和守吉政より
家康公へ使者に下り申した。その途上にて(忠興に)御目にかかって次第を申し上げよと

吉政が申し付けました」とその者は申した。「もしや敵方の者が関東の様子を窺おうとの
術ではないか」と忠興君は思し召し、玄蕃殿(細川興元)は吉政と常に睦まじい間柄で

あったので御見知りであろうとして、その旨を仰せ渡された。興元主は在家に入ってその
者と対面なさると、かねてより御存じの者であった。さてその口上は、

「今回心ならず丹後の攻衆に加わり申した。御城中への御用がありましたら大和守の手へ
人を御遣しください。通路を用意仕ります。また大坂の御屋敷は7月17日戌の刻ほどに

火にかかり、御簾中(細川ガラシャ)は御自害されました。忠隆公(細川忠隆)の御奥様
は乗物三挺でこちらの御屋敷の前を御通りになり、前田肥前守殿(利長)の屋敷へ御入り

になったのを見申した」とのことだった。これに玄蕃殿を始め御前様(忠興)は御義心を
感じ、各々落涙された。忠興君もいっそう石田(三成)の無道を御怒りになり、

「すぐにも三成を滅ぼして復讐を果たす!」と、ますます恨み深く思し召されたのである。

――『日本戦史 関原役補伝(細川家記)』


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    こうして見ると三成もアホだが家康に天下くれてやるために汗水垂らした連中も等しくアホだな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    その場にもいない、その時代にも生きていない、リスクもない人間は何とでも言えるわな。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    別に自分が天下を目指していないのなら家康のために働いて加増してもらうのが一番効率いいと思うよ
    秀吉の後に本気で天下目指してたのなんて10人もいるのかな?輝元も如水も景勝も政宗も領土拡張は狙ってたろうけど天下は狙っていないでしょ
    しかも関ヶ原なんてあくまで豊家内での権力争い。家康ですら幕府開くって明確な目標は持っていたのかな
    炒り豆を齧りながら過去の英雄を罵倒するのは楽しいけど、家康に付いた大名の大部分は目的を達成しているわけだしアホでは無いわな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    歴史に対して軽々しくアホだとか言うのは、歴史に対して向き合っていない証拠じゃないか?
    そう言う大言壮語を履けるだけの人生を送っている現代人なんてどれだけ居るんだろうな
    言っとくけど大名達の秀吉の死後の動きを見て分かる通り、あのまま豊臣家の天下が続く方も無いから
    とっくに豊臣家からの心なんて離れている。でなけりゃあそこまで真っ二つに割れない。
    侍の基本は面目と損得勘定だ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    まぁ徳川が天下盗ったことによる損害は日本の近代史がつまらなくなったことくらいかな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    平和な200年間貯めに貯めた文化資本がなければ近代化に失敗してたのかもしれんのやぞ
    戦争がない=つまらんとかいう小学生並みの感想は卒業しようや

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    その平和がどれだけ日本を救ったのかも理解不能って残念だな
    近隣の諸国がその間にどうなっていったのかは一目瞭然なのに
    ならその天下を奪った秀吉もつまらない一員なんだろうね

    最近※欄は自分自身で歴史を勉強していない人が多くないかな?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    ※7
    何を言おうと徳川が積極的な海外への進出や華やかな安土桃山文化の継承を途絶えさせ豊臣を滅ぼした不義不忠の連中の親玉なのは事実だからねぇ
    徳川が簒奪をしなければ現在の東京一極集中もなかった

    まぁ神君マンセーありきの史観じゃそういう歴史ロマンへの理解を求めても拒絶反応出されるだけだろうけど

  9. 人間七七四年 | URL | -

    たられば炒め一丁

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    おいおいスゲーな
    明治維新肯定派の自分でも東京一極集中なんて明治政府~という認識なんだが
    逆に大阪なんてよく大阪人が太閤はんの町とか言うけど江戸幕府のほうが大坂の町の維持に貢献している
    秀吉なんて基本京か伏見に常駐してて大坂はその2つの町に何かあった時に仮住まいする場所だもの
    江戸幕府は勿論江戸が第一だが、下田京大坂長崎には船泊や米取引や貿易の独占権を与えたりして地方都市を大事にしているよ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    まともな外洋船も自力では作れない安土桃山時代の日本に海外進出とか、歴史ロマンではなく妄想のたぐい。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    おっ、秀吉の簒奪はきれいな簒奪とか言っちゃうタイプの人?
    そんで秀吉存命なら中国征服して世界帝国になってたに違いないとか思っちゃってる?
    まあ義経チンギスハン説とかも歴史ロマンと言えなくはないから全否定はしませんよ。

    ただ山川日本史から勉強し直した方がいいとは思いますがね。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    最近では家康の権力継承は既定路線で、外様よりも豊家直臣のほうが支持してた、って話もあるね。
    三成と家康も関係自体は悪くなかったとか、内府違いの条々も、権力中枢からはずれそうになった残りの三奉行が毛利と結託して出したもので、すでに失脚してた三成はあまり関わってなかったとか。
    秀吉死後から関ヶ原に至る政治状況は、今ものすごい勢いで定説が揺らいでるところだから、一概に三成がどうの家康がどうのと迂闊には言えなくなってる感じだね。
    豊家政権も、江戸幕府も、史料が多すぎてまだまだ研究が進んでないらしいから、もっと研究が進んでいけば、今ここでコメントされてる事が、まったく的はずれな言説になるかもしれないよ。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    規定路線だとすると第二の清洲会議みたいなもんかね

  15. ※13 | URL | -

    ※14
    家康の豊家政権での立場が、秀吉の義弟で準一門であるということと、秀吉最晩年の政庁である伏見城で政務をとるように遺言されてたのが根拠になってるようだ。
    豊家政権が秀吉の独裁政権なので、秀吉没後の独裁者不在による権力の空白ができるのを、秀吉も含めた権力中枢にいた全員が嫌った、という事情もあるみたいだし、ここらへんかなり複雑な議論になってるみたいだよ。


  16. 人間七七四年 | URL | -

    当主が幼少な場合に有力な外戚が代行するってのは(揉めがちなのも含めて)定番だしな

    秀吉没後から奉行衆は三成が主導して毛利を引き込んだし、家康は自分の与党を増やそうとしたけど
    それらが最終的な対決まで想定してたのかと言われると疑問だしねぇ


  17. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    そこから簒奪するかどうかは外戚次第だしね

    この場合は簒奪して良い結果になった例なんじゃないの?
    大抵は揉めて他に潰されちゃうもんだろうし

  18. 人間七七四年 | URL | -

    関ヶ原なしで家康が政権取ったら簒奪になるだろうが
    豊臣家中が総出で家康に戦を仕掛けたあげく大敗だからなぁ

    秀頼を立てて表向きの面目を保たせただけでも温情だと思う

  19. 人間七七四年 | URL | -

    天下なんて誰のものでもないんだから簒奪なんて言葉は本来おかしい。
    秀吉に人徳がないのが悪い。
    秀吉は家康が恩義に感じるほどのことをなにかしたのか?旧領を取り上げて僻地に左遷し不細工な妹を押し付け
    力や金で人を支配するだけの人や家はそれがなくなれば背かれるのは当然。そんな奴に従わなければならない謂れもない

  20. 人間七七四年 | URL | -

    >>19
    流石に屁理屈が過ぎる
    秀吉に臣従しておきながら秀吉の死後に天下を豊臣から奪ったことはどうやっても正当化できない
    徳川に逆らえば滅ぼされるから諸大名は口にしなかっただけで徳川が天下の簒奪者だなんてことは誰でも理解してるわ

  21. 人間七七四年 | URL | -

    信長に引き立てられておきながら信長の死後に天下を織田から奪ったことは正当なんですかねえ。
    豊臣に逆らえば滅ぼされるから諸大名が口にしなかっただけじゃない?

  22. 人間七七四年 | URL | -

    簒奪だろうとなかろうと丸く収まればそれでいいってのが当時の人の感覚なんじゃないのか
    秀吉の時だろうが家康の時だろうが

  23. 人間七七四年 | URL | -

    ※19も※20もどっちも異常すぎ

    秀吉は家康と何重にも縁辺を結び非常に重用していて与えた官位も領知もずば抜けてる
    臣従した家康がこれを恩義じゃないなんて言うのは流石に無理がありすぎる

    次に家康が簒奪したのではなく、豊臣家中が諸大名を語らって家康に噛みついたあげく大敗した
    この状況でも秀頼を討たずに尊重した訳だが、更に大坂の陣で二度の武装叛乱を起こして討たれた
    これでは豊臣家を正当化はできん

  24. 人間七七四年 | URL | -

    ※20
    どこが屁理屈か言ってみ
    どうして正当化できないのかその説明が欠けてる。
    そういうのは強弁と言う。
    何度も言うが天下なんてのは誰のものでもない。力がある人間が治めればいい。豊臣じゃなければいけないなんて理由はない。

    ※23
    領地は旧領から切り離し治めにくい僻地に追いやって家康の力を封じ込めようという謀略だから。謀略を恩義に感じろなんて無理がある。

  25. 人間七七四年 | URL | -

    本人が恩に着ようが着まいが主君によって領主に封じられたらそれは恩になっちまうのが封建制度なので

  26. 人間七七四年 | URL | -

    未だに司馬史観ベースで批判するヤツいるのな
    小説家のクリエイティブと現実を混同しちゃ駄目だよ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11396-4bc11f97
この記事へのトラックバック