FC2ブログ

大内義隆と溺愛した養子・悪い話

2009年01月31日 00:14

27 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 11:54:25 ID:WPDx/WQO
養子を溺愛する


大内義隆は男子がいなかったため、一条房冬の息子で姉の子にあたる恒持を養子とした。
義隆はその養子のために、将軍・足利義晴から「晴」の偏諱を受け「大内晴持」に改名させた。
晴持は大内家跡継ぎとされていたが、初陣の月山富田城攻めで大内軍が大敗をしてしまった為、
晴持は海路から撤退をした。
しかし、晴持の乗っている小船に多数の兵が助けを求めて来た為に小船は沈み、甲冑を着ていた
晴持は溺死してしまった。一説には一旦は蘇生するも間もなく死んだとある。

義隆は初陣で死んだこの世継の死に悲嘆し、晴持を供養する時に足利義晴に頼み今度は「義」の字
を与え「大内義房」として供養した。
死んだ養子に将軍の偏諱を与えたのである。

そして、晴持の死に堪えた義隆は政治を評定衆と呼ばれる家臣団に委ね大内家は次第に衰退してしまう。
晴持の死は義隆の人間性を変えその後の大内家の命運を大きく変えてしまったのである。




29 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 12:02:04 ID:ffqXLDQI
>>27
なんというタイタニック

30 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 12:05:01 ID:CIIuermJ
義隆は守護大名からの体制転換に失敗した好例だろうなあ
権力強化には取り組んだが、側近政治に堕して家中の対立を激化させてしまったし…
本人のアイデンティティは「守護」だしなあ。在京守護の真似事始めちゃったりして

31 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 12:06:02 ID:1WG9Enm1
月山富田城責めを失敗するまでは、北九州を制圧するなど中々いい大名っぷりだったんだけどな
期待をかけていた跡継ぎを亡くして親が腑抜けてしまうのはよくあることだが、
義隆はそれが半端ない

32 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 12:08:20 ID:Y5ltAS3J
大内義隆の頃の大内氏勢力圏
http://bunkazai.ysn21.jp/images/image/omap8.gif

まさに西日本王

33 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 12:23:15 ID:FhQGK4bL
長宗我部 島津 毛利 尼子 大内

西日本四天王だ!!

34 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 12:27:34 ID:8L5qkfnR
山名 相良 一条 西園寺 河野

西日本四天王は俺たちだ!

35 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/30(金) 12:32:14 ID:IAYl7oaE
>>30
失敗したと言うよりも変える気があんま無いはず。復古主義だし

36 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 12:32:40 ID:JmdK0XNg
>>33-34
五家もいたら四天王じゃないぞ。
とりあえずそれぞれ一家ずつ改易ね。

37 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 12:39:30 ID:EML0uLfA
>>36
貴様、竜造寺四天王をバカにする気か!

38 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 12:43:38 ID:BDekAYaA
一時旋風した大友は…

39 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 12:46:43 ID:VbwQ5yrx
>>38
弟?イラネ家宝寄越せ家宝
家臣の嫁?とっとと寄越せ寄越せ
仏?焼いとけそんなもん
妻?俺は居ない!留守だと伝えろ!!

40 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 13:40:17 ID:WNPffDGg
teru元とsourinは2大ヘタレということでこのスレ的にはファイナルアンサー?

偶然だけど博多を巡って争ってますねこの2人・・・
(teruの方は本人は御神輿で実質おじさん2人が主力だけど)

41 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/30(金) 14:19:05 ID:BdQsR4+d
>>40
福島正則「貴様“DQN四天王”に亜ぐといわれた俺様を怒らせたいようだな……」


でも最後にヘタレる市松さん
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1140-de85bb07
    この記事へのトラックバック