FC2ブログ

その心持ちがないのは不孝だ

2018年07月25日 21:38

946 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/07/24(火) 23:33:26.46 ID:IOR1qyBx
その心持ちがないのは不孝だ


池田利隆の正室の鶴姫(福照院)は、慶長10年12才のときに
10才年上の利隆と結婚したが、元和2年22才で利隆と死別し尼となった。

嫡男の光政は母親に孝行しようとする気持ちが強く、福照院といるときは
母の心を慰めようとおどけて見せるので、近習や女中が堪えきれずに笑って
しまうことが平生の事であった。

福照院が庭に松を植えたはいいが気に入らず、何度も植え直させたときには
光政自ら鍬を持って、母の好みに合う場所を探し植えた。
また光政は、母が吸うためのたばこを刻む*ことさえあったという。

あるとき福照院が、挟箱を持っている奴の真似が見たいと言ったので
光政はすぐに箒を使って挟箱持ちの真似をした。
そのとき政言(光政次男)も、福照院から真似をするように言われていたが
光政の真似を見て涙を流しながら笑っていたので、まともに出来なかった。

光政は甚だ怒って政言を睨んだが、福照院が笑っているので
母のいるところから離れてから、政言に向かって
「国を領する身であるのに、親の奉養事がこのようでよいのだろうか。
 ただ奉養することを楽しみ喜ぶべきなのに、その心持ちがないのは不孝だ」
と仰せられたという。


――『明君逸事』

* 当時のたばこは刻みたばこで、吸うには葉を刻む必要があった。


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    想像するとなんとも気持ち悪い母子交流だ…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    福照院「つねりますわよ」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    これ、君主の振る舞いではないとか諫言する家臣はいなかったのかね

  4. 人間七七四年 | URL | -

    いくら孝道と言っても大名の子弟が『挟箱を持っている奴の真似』をするのは良いのだろうか?
    そりゃ少し前には秀吉が名護屋で大仮装大会を数度開いているが、あくまで大名同士の息抜きのためだしなぁ
    正しくないと言いたいがそうとも言い切れない妙な気持ちになる逸話だな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    正直やりすぎとは思うが江戸期屈指の名君だからどうしても美談になっちゃう
    所詮何をやったかより誰がやったかで価値が決まるんやなあって

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    親孝行で良いじゃないか…


    と思ったが現代の感覚でちょっと考え過ぎたら重度のマザコンとも言えなくはないな…

  7. 人間七七四年 | URL | -

    22歳で尼さんは確かに哀れだな。
    息子が、せめてもの慰みにって気持ちもわかるな。
    問題は大名なんだよね。この人
    当代はもちろん、後世にまで伝聞されてしまうということか。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    この逸話だけではどういった経緯で当主自らこう言う事をするたちばになったのかは
    完全には理解できませんが、純粋に親孝行のつもりだったのでは?

    ちなみに、たばこを刻む=これを生業とする人を「ちんこ切り」と言います。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    光政の儒学好きは有名で、他大名から陰口叩かれたり
    幕閣から注意されてもやめなかったので(過激派の家臣は追放したが)
    家臣に言われてどうだってレベルじゃないと思う

  10. 人間七七四年 | URL | -

    儒学好きなら仕方ないね、
    儒教では「人間として最も優れた行為」「全ての道徳心の根幹」が『親孝行』だからね。
    頭が良い事よりも、金持ちである事よりも親孝行(親に逆らわず盲目的に従う)である事の方が人間的に優れている事になる。
    この価値観が呂后・則天武后・西太后といった「王権を超える権力を持った王母」の存在を作可能にしたと言える。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    親の罪は子が背負う儒教が根付く国柄だからこそキリスト教が根付かなかったのかな
    あっちは子が親の罪で裁かれてはならないの精神だからな

  12. 人間七七四年 | URL | -

    儒教と言っても色々あるのにいい加減に語るヤツはホント草生える

  13. 人間七七四年 | URL | -

    キリスト教とか儒教みたいな日本独自の倫理学って発生しなかったのかね

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    おいおい神道を忘れちゃいけないぜ!神道も日本人の精神に深く影響している
    ただそれが余りに自然に溶け込んでいるの意識する事が少ないだけ

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    戦国の頃なら天道思想は一般的

  16. 人間七七四年 | URL | -

    神道って神学や儒学みたいな体系だった学問あるの?

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※16
    少なくとも吉田神道とか山王神道とか解釈の違いで分派する程度にはある。
    スコラ学とか朱子学のようなガチガチの教義体系は多分ないと思う。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    なるほど
    つまり北条政子のいた日本は儒教国家だったと

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11404-af454496
この記事へのトラックバック