FC2ブログ

細川澄之の敗北と切腹

2018年08月06日 19:24

17 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/08/06(月) 18:40:54.70 ID:eGdBHg/i
細川政元暗殺の後、畿内は細川澄之の勢力によって押さえられた。
しかし細川澄元家臣の三好之長は、澄元を伴い近江国甲賀の谷へ落ち行き、山中新左衛門を頼んで
近江甲賀の軍士を集めた。
また細川一門の細川右馬助、同民部省輔、淡路守護らも味方に付き、さらに秘計をめぐらして、
畠山も味方に付け大和河内の軍勢を招き。程なくこの軍勢を率いて八月朔日、京に向かって
攻め上がった。

昔より主君を討った悪逆人に味方しようという者はいない。在京の者達も次々と香西、薬師寺を背き
捨てて、我も我もと澄元の軍勢に馳加わり、程なく大軍となった。そこで細川澄元を大将とし、
三好之長は軍の差し引きを行い、九郎澄之の居る嵯峨の嵐山、遊初軒に押し寄せ、一度に鬨の声を上げて
入れ代わり立ち代わり攻めかかった。そこに館の内より声高に「九郎殿御内一宮兵庫助!」と名乗り
一番に斬って出、甲賀勢の望月という者を初めとして、寄せ手の7,8騎を斬って落とし、終には
自身も討ち死にした。

これを合戦のはじめとして、敵味方入り乱れ散々に戦ったが、澄之方の者達は次第に落ち失せ、残る
香西薬師寺たちも、ここを先途と防いだが多勢に無勢では叶い難く、終に薬師寺長忠は討ち死に、
香西元長も流れ矢に当たって死んだ。

この劣勢の中、波々下部伯耆守は澄之に向かって申し上げた
「君が盾矛と思し召す一宮、香西、薬師寺らは討ち死にし、見方は残り少なく、敵はもはや四面を取り囲んで
今は逃れるすべもありません。敵の手にかけられるより、御自害なさるべきです。」

九郎澄之
「それは覚悟している」
そう言って硯を出し文を書いた
「これを、父殿下(九条政基)、母政所へ参らすように。」
そう同朋の童に渡した、その文には、澄之が両親の元を離れ丹波に下り物憂く暮らしていたこと、
また両親より先に、このように亡び果て、御嘆きを残すことが悲しいと綴られていた。
奥には一種の歌が詠まれた。

 梓弓 張りて心は強けれど 引手すく無き身とぞ成りける

髪をすこし切り書状に添え、泪とともに巻き閉じて、名残惜しげにこれを渡した。
童がその場を去ると、澄之はこの年19歳にて一期とし、雪のような肌を肌脱ぎして、
尋常に腹を切って死んだ。

波々下部伯耆守はこれを介錯すると、自身もその場で腹を切り、館に火を掛けた。
ここで焼け死んだ者達、また討ち死にの面々、自害した者達、都合170人であったと言われる。

寄せ手の大将澄元は養父の敵を打ち取り、三好之長は主君の恨みを報じた。
彼らは香西兄弟、薬師寺ら数多の頸を取り持たせ、喜び勇んで帰洛した。

澄之の同朋の童は、乳母の局を伴って九条殿へ落ち行き、かの文を奉り最期の有様を語り申し上げた。
父の政基公も母の北政所も、その嘆き限りなかった。

(應仁後記)

細川澄之の敗北と切腹についてのお話


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    同族の後継者争いだから家臣も同族が多くなるのは当然とはいえ
    己は正しく主君の敵であるに出てくる波々伯部とこの話の波々下部伯耆守がややこしい。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    尾張統一前の織田なんて織田だらけやぞ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    細川と畠山もぐちゃぐちゃやで?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    調べれば調べるほど多すぎる松平一族
    今川が三河掌握に手間取ったのも宜なるかな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    ※3
    ※4
    そいつらまだ仮名なり諱なり伝わってるから
    子孫絶えてるからそれすら伝わって無い連中の覚えにくさと言ったら…

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    葛西(おっ出番かな?)

  7. 人間七七四年 | URL | -

    一宮氏は阿波国の住人だから阿波勢でも澄之に従うのがいたのか、と思ったけど丹波国にもいたんだね
    こちらは内藤氏に下克上しようとして没落したみたいだけど、この兵庫助はその一族だったのかな

  8. 人間七七四年 | URL | -

    関東も上杉と長尾多いよね。山内と扇谷の両上杉は有名だけど他にも絶えた家何家か有った筈だし、その上杉の家臣たる長尾も山内家来の中で何家も有って山内家家宰の座で不満持った長尾景春が乱起こしたの有りますし。
    越後にしても謙信さんとこ以外にも景勝さんとこやら他にも有るし。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11420-0f53de23
この記事へのトラックバック