FC2ブログ

この家には銀の兜をつけた侍が

2018年08月30日 17:59

239 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/08/29(水) 22:02:07.71 ID:hN7iYod7
蒲生氏郷は常にこう言っていた
「人衆を戦場にて使うに、ただかかれかかれと計り下知していてたかからない物である。
かかれと思う所には、大将自身がその場に至り『この所へ来たれ!』と言えば、あえて大将を
見捨てるような者は居らぬものである。しかし大将自身は後に居て、ただ士卒をかからしめんと
しても、かかることは無いものなのだ。」

氏郷はその言葉の如く、人を新たに抱えた時は常に
「この家には銀の兜をつけた侍が、いつでも一番に乗り出して、諸卒に先立って働いている。
なのでこの男に劣らぬように稼ぐべし。」
そう言い教えたという。
これ則ち、氏郷の鯰尾の銀兜のことであり、働きを諸軍に先んじていた故であるという。

(士談)



240 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/08/29(水) 23:46:43.97 ID:p31L3AQN
足利義明「その通りである」

241 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/08/30(木) 08:29:23.45 ID:vtjT338y
>>240
S「目障りだから置いてくわ」

242 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/08/30(木) 10:15:04.89 ID:WpX3rZhX
お、おう
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    光安「この家には鉄棒をふりまわす侍が、いつでも一番に乗り出して、諸卒に先立って働いている。が、この男に惑わされてはならぬ」
    (´・ω・`)「そんな猪武者がおるとは知らなんだ」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    氏郷が陣頭に立ちたがるのは信長・信忠辺りの影響なのだろうか

  3. 人間七七四年 | URL | -

    秀忠「私も前線出てたのになぁ… あまり誰も触れてもらえない…」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉の評だっけ?
    殿(信長)の軍はいくら壊滅に追いやっても、殿自身が後方で逃げて再起を図るから厄介だが、
    氏郷は、少なくとも先陣を壊滅させれば方がつく、ってやつ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    匹夫の勇

  6. 人間七七四年 | URL | -

    良く言えば道雪的、悪く言えば義明的

  7. 人間七七四年 | URL | -

    蒲生家の体制というか軍法が六角家臣時代の頃から抜け切れなかったのかもしれないなぁ。
    氏郷の資質も大きいんだろうけど、副官育たなさそう。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    コレガワカラナイ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    佐野宗綱「皆自分の後を付いて来てくれている、そんなふうに考えていた時期が俺にもありました」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    氏郷「イクゾー!」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    NGMS「猪武者ってやーね」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    朝倉宗滴も氏郷と同じタイプだったな

  13. 人間七七四年 | URL | -

    信長も家康も陣頭に立ちたがるタイプだけど逃げるのも早いからな
    大将たるもの前に出るのも大事だが引き際も肝心だからね

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    「私の戦術は蒲生飛騨守だ」-ボビー・ロブソン
    「判断は当主に任せておけ。幸いな蒲生家臣よ、汝らは追随せよ」-オーストリアの諺
    「それでも氏郷なら 氏郷ならきっとなんとかしてくれる」-陵南高校バスケ部員
    「もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな」-仮面ライダースーパー1&ZX
    「殿ー!!!!はやくきてくれー!!!!」-クリリン

  15. 人間七七四年 | URL | -

    誰か※14を三条河原へ引っ立てい

  16. 人間七七四年 | URL | -

    京都府河川局「河原に廃棄物を放置しないで下さい。」

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ???「廃棄物なら私が預かるわよ?」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11462-dae8b8d7
この記事へのトラックバック