FC2ブログ

「心得たる者もあるものかな」

2018年09月28日 11:38

319 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/09/28(金) 00:24:15.78 ID:yCmDMxb0
本能寺の変の後、京を静めた明智日向守光秀は『明日西国に出陣する、なれば京町中の者ども
御礼に上がるべし。則ち東寺の四ツ塚にて請け給うべし』とあり、京の町衆は「ならば畏まり候」と、
思い思いに進上をした。

ある者は饅頭、粽、餅の類。ある者は樽、肴、菓子などを進上した。また一方に

「いやいや、そういう類の物は世も静謐に治まり互いに裃などを尋常に着て御館にて請けられる時は
然る可きだが、既に甲冑をよろい、旗指し物を取り付け、馬、武具が黒煙を立て東西に馳せまわり、
しかも鳥羽の野原にて請けられ給う礼なのだから、干し飯などこそ然るべきである。」

そう言って干し飯を積み上げて参らす者も多かった。

そのようにしている内に、日向守が四ツ塚に床几を立てさせ現れ、この町衆の進上を見て、
干し飯を参らせたのを「心得たる者もあるものかな」と殊の外喜び、その後このように言った

「洛中の礼を請けた以上、その印がなくてはならない。今後町中の地子役(固定資産税)を宥し置く」

そう御諚され、皆は「有り難し」と喜び勇んで帰っていった。

(義殘後覺)

本能寺の後、光秀にとても好意的な京の町衆であった



320 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/09/28(金) 19:17:47.74 ID:WbciJMTk

>>319
あとはまとめの4860
京都屋地子免除由来
だと、明智光秀が織田信長を討った際、
「信長は殷の紂であったのだ!」と言ったら京童たちは
「光秀は自分を周の武王に例えているのか。片腹痛い」と心の中で思ってた
て話もあった

322 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/09/28(金) 20:18:43.91 ID:vdEL2s7b
>>319
まぁその時点で京都を武力で実効支配してるのは光秀だから
良い顔しとくわな
その裏で面従腹背してるのが京都人クオリティ

323 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/09/29(土) 10:57:57.91 ID:c1DMZ+wW
民衆はどこの地域でもそうだろ
地侍だって強者の前では内股軟膏だ
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    義元「わが上洛の折にも尾張の民草はみな好意的であったぞ。ちまき、酒肴など進物を田楽狭間で兵に分け与え小休止したのじゃ…はて、その後どうしたのか記憶がないのう」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    何やら最近では上洛説は否定されているようで。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    普通は名刀・名馬、せいぜい金銀なのになあ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    まぁ信長は上京の焼き討ちもしているしね
    しかも焼き討ちの事前予告に驚いて銀を献上しようとした上京の町衆を突っ返したりしている
    京の街にも信長に反感持っていた人は多数いた筈ではある

  5. 人間七七四年 | URL | -

    それまでの絶対的支配者をクーデターで倒した奴に、これ見よがしに
    「貢物が欲しいなあ(チラッチラッ)」されたら
    とりあえず当座の安全を確保するために、無理のない分は供出する 俺だってそうする
    だって何されるかわからなくね?義によって云々は侍さん達がやればいいけど
    相手は主殺しして、もう何一つタブーない状態のテロリストやぞ?
    信長への反感とかあんまり関係ないと思うんだ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    やっぱ民草って〇〇だわ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    信長云々は関係なくね?こんな事戦国の世の中ならどこの国のどの集落だって日常的にやってることじゃん?
    信長が京焼いたなんて理由なら天下人は勿論、山城を支配したor侵略した大名は全員恨み買ってるよな
    それを守る力も無かった足利氏はどれだけの反感買ってるんだろうね

  8. 人間七七四年 | URL | -

    てめぇらの利益を直接的に脅かし続ける存在とはっきりしてるなら、中世の「なめられたら(ry」に則って排除一択だったと思うが、短期的な状態でどう転ぶか分からん相手には適当にお付き合いってもんだろ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11517-2ea9d889
この記事へのトラックバック