FC2ブログ

光秀のもとに、このような天晴の武士が

2018年10月04日 21:36

326 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/04(木) 18:42:28.47 ID:1Z/FlA7k
さて羽柴の大軍は稲麻竹葦の如く十重二十重に坂本城を取り巻いた。左馬助(明智秀満)は先日光秀が安土
より奪ってきた信長公が秘蔵された不動国行の太刀・二字国俊の刀・薬研藤四郎の脇差、並びに柴の肩衝・

乙御前の釜・紺ふこの水指・虚堂の墨蹟などを唐織の宿直物に包み、女房の帯に結びつけ天守の武者走りへ
持ち出した。左馬助は大声を揚げて「寄手の人々に頼み入れ候! 明智日向守光秀は運尽きて討死したこと

によりその妻子はことごとく刺し殺し左馬助も只今自殺仕るなり! 明智の一族滅び候ともこの品々は天下の
重宝であり、一時に焼け失われるのも無念なれば目録を添えて御渡し申し候!右大臣家の君達へ進上されて

給われかし!」と言い、かの包みを天守より降ろした。数万の寄手はこれを見て「かつて松永弾正が平蜘蛛
の釜を打ち破って後に、自身も切腹した多聞山城の有様とは雲泥の違いである」と感涙を流した。

その後、左馬助はかの二の谷の兜と雲龍の陣羽織に金子百両を添えて小姓1人を使いとし、坂本の西教寺に
送って亡き後の法事を頼むと、今は思い残すことなしと光秀の妻子と自身の妻子をも共に刺し殺して焼草に

火をかけた。そして天守が半ば燃え上がるのを見て腹を十文字に掻き切り、火の中へ飛び入って名を今の世
までも残しける。「どういうわけで主君を弑逆する程の光秀のもとに、このような天晴の武士がいたことよ」
と、感動しない者はいなかった。

――『改正三河後風土記(柏崎物語・武家閑談・武徳編年集成)』



327 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/04(木) 22:58:34.67 ID:1Rdjvim5
爆弾正「茶釜が勝手に爆発したんですよ」

328 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/05(金) 04:47:49.18 ID:GksxLCZm
それ創作
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    秀久が平蜘蛛の底を踏み抜いたみたいな記載だな
    ぶんぶく茶釜か

  2. 人間七七四年 | URL | -

    死ぬ時まで嗜好品気にするのが天晴な行いなのか??よくわからない逸話だった

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    この場合の打ち破るの「打ち」は接頭語
    勢いよく破るの意

    ※2
    大概の場合「自分の物が他人の物になるのは悔しいから自分でぶっ壊す・燃やす」という第三者からすると割と見苦しいことをする
    そんな個人的な思いで国宝級の物を無くすような真似をせず死に臨んでも冷静であったという事

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    敵に対しては「俺たちの宝物を渡してなるものか」と思うのが普通で
    「貴重な文化財だから保護して欲しい」なんてなかなか言えない
    その上死に際の振る舞いだというのに余裕すら感じる
    そこがカッコよさなのよ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    一家で死に臨む前に自分の家の財産をもったいないから他人に譲るようなもんで、
    潔さとか傑物ぶりを示してるようなものかな。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    馬場美濃守が駿府乱入時に今川の至宝を焼き捨てているが今の観点で見ると某中東の過激派集団と変わらん
    大友の日向侵攻と言い当時はそうしても不思議ではなかったのかもしれないが大量の文書が無くなったのはホンマ残念
    この逸話見ると氏政もっと褒められてもいいのにな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    その焼き捨て行為だって逸話上のものだし、理由にしても盗賊の様な真似をさせないために行ったとある以上、
    過激派と変わらないって言い方は、そもそもその過激派に対してですら物の見方が分っていない発言だ

    やつらは宗教の価値観の破壊や人心の支配の為にやっていることであって、そこに正義はない純粋に愚かな
    行為であって、同列に語れるレベルのことじゃない

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    武田と言えば濫妨のイメージだしなんか浮きまくってる逸話だよな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11530-1eabf3e3
この記事へのトラックバック