FC2ブログ

うちの実家に伝わる本当かどうか微妙な話

2018年10月09日 17:26

285 名前:人間七七四年[] 投稿日:2018/10/08(月) 23:36:26.88 ID:dZDk1bmh
うちの実家に伝わる本当かどうか微妙な話を一つ

我が家の祖先は元は甲斐の豪族にて武田家に仕えていたそうな。
ところが高天神城に詰めていた息子が討ち死に、徳川を敵と誓う。
しかし木曾が謀反を起こし、その征伐に向かっている間に、穴山が裏切りあっけなく武田家は滅ぼされた。
そこでどこをどうしたか分からないが、ご先祖様は親戚筋を頼って当時徳川(織田)と敵対していた毛利家に出仕。
今度こそ徳川都の戦をと意気込むも、毛利は徳川と和睦してしまう。
その後ご先祖様は風邪をひいてそのまま昇天、かたき討ちは子孫に引き継がれることとなる。
でもって、孫の代になって関ケ原が発生、すわ伯父のかたき討ちと意気込んで出陣したら吉川の裏切りで戦うことすらできず。
さらに山口に封じられて、毛利家はリストラの嵐。うちの一族は帰農する羽目になった。
時は経って幕末、うちの一族は農民になっても代々徳川討つべしと伝えられていたため、奇兵隊が結成されるとすぐさま長男が募集に応じ、長州征伐の幕府軍と交戦その戦いで討ち死にしたそうな。
(うちは八男の家系)
以上、どこまでいっても徳川への恨みを晴らせなかったうちの一族の物語でした。



286 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/09(火) 00:32:46.70 ID:VBumKs8/
今からでも徳川への恨みを晴らそうぜ!

287 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/09(火) 08:02:42.46 ID:hx8dv+Kn
新撰組だと長男の入隊は土方が認めていなかったと伝わってるようだけど、さすがに奇兵隊は違ったか
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    毛利が徳川と和睦ってのが秀吉が毛利と講和した件なのか関ヶ原後の事なのか判断しかねる

  2. 人間七七四年 | URL | -

    投稿者さんの少し前の先祖が創作した感ありありの話で笑った 歴史と感情の流れが見事に現代大河的

  3. 人間七七四年 | URL | -

    多分奇兵隊参加の時に先祖を盛ったんだろうね。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    甲斐武田と安芸武田は潰れた後も旧臣同士連絡を保っていたということかしらん。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >>毛利は徳川と和睦してしまう。
    この時点で吹き出しましたw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    まずは峠の茶屋で焼き味噌を売ることから始めれば

  7. 人間七七四年 | URL | -

    朝倉一族の朝倉宮増丸も毛利を頼ってるし、
    あるいは安芸武田の家臣筋に親戚がいて頼った線もありえる。
    (例えば、日向伊東氏は織田家臣の伊東氏の縁で復活したし、越中椎名氏は滅亡後、千葉一族の縁で下総に逃れた)

    多少後世の脚色入ってても、重要なことだと思うよ。大事に伝えていってね。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    奇兵隊解体まで生き残ってたら、それはそれでアレだったから途中で戦死できてハッピーじゃね!?

  9. 人間七七四年 | URL | j7kPgX2Q

    実は奇兵隊の殆どは意外と素直に解散してるからそれはそれで
    ガッツリ反乱の主体になったのは来島又兵衛どんが作った遊撃隊のほう

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11539-1c7cd1ba
この記事へのトラックバック