FC2ブログ

もし斥候の者が討たれると、

2018年10月19日 21:46

374 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/19(金) 00:10:42.28 ID:hpo4qwgu
徳川家康がある時、敵方への物見を、甲州衆の内より遣わした。この時、榊原康政は物見の侍たちに向かって
言った

「各々、心得はあるか?このような物見には心得がなくては叶わぬものである。」

斥候の武士は
「委細心得候」と答え、物見をして帰還した。

側に射た人が康政に「あれはどう言う事か」と尋ねた。これに康政は

「もし斥候の者が討たれると、やむを得ず合戦に成ってしまうものだ。敵は大軍で味方は少勢なのだから、
『軽く見て帰れ』との心を伝えたのだ。」

と言った。

(士談)

最初からそのままそう言ってはいけなかったんですかね。


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    理由が分からない

  2. 人間七七四年 | URL | -

    そんなもんアレやろ
    その辺がアレなんや

  3. 人間七七四年 | URL | -

    最初からそういうと受けた当人の面目にかかわるからな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    そら今から戦うかもしれないのに
    『味方が討たれても逃げて帰ってこいよ』とは言えんだろ
    雑兵なんかは自分らが敵に囲まれても助けてくれないのか?って疑心暗鬼になるよ
    士気ダダ下がりやわ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    「軽く見て来い」なんて言うとベテランの武士はついでに一人二人ぶっ殺して
    首ぶら下げながら「いやー軽かったっすわ」とかぬかすからな
    なんならそれくらいやってこないと腰抜けとして見られかねない

    あえて「お前らの判断力を見込んで任すんだぞ」と言っとけば
    突っ込んで戦う奴の方が馬鹿だから適当なところで切り上げてくるだろうと

  6. 人間七七四年 | URL | -

    これ、物見が甲州衆ってのもポイントですよね

  7. 人間七七四年 | URL | -

    康政「言わせんな恥ずかしい」

  8. 人間七七四年 | URL | j7kPgX2Q

    (前フリかな?)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11567-4bcd2244
この記事へのトラックバック