FC2ブログ

彼女は獰猛な牝ライオンのように

2018年10月27日 11:20

369 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/26(金) 22:28:54.76 ID:K7WJMRDm
彼女は獰猛な牝ライオンのように


播磨の国の殿(池田輝政)が住む城と御殿に接する異教徒たちが住む町で
悪魔がある女に取り憑くということがあった。彼女は獰猛な牝ライオンのように
家から出て誰も彼女を阻止出来なかった。そしてこの勢いと狂暴さをもって
城に入った。城の女房にさえ容赦せず、ついには無数の狼藉を働いた。
しかしその女房に仕えるあるキリシタン女に出会い、彼女に気づくと悪魔に
憑かれた女は逃げ出し、顔を覆って「キリシタンは恐ろしいものだ」と言った。

女房は腰元(あるキリシタン女)に
「この女はなぜお前から逃げたか」
と問いました。腰元は
「自分が首にかけている守り袋(アグヌス・デイ)のせいだろう」
と答えて、(悪魔に憑かれた)女の上に守り袋を置くと、女は静かになった。
異教徒たちは守り袋を拝むようになり、キリシタンの話を聞くことを望んだ。

その国で受洗した人たちの中に、公方(家康)の息女であるその国の領主の奥方(督姫)に
仕える高貴な若い婦人が二人いた。彼女たちはその御殿の他の女たちが、やはり
以前に行ったように、我らの聖なる教えの真実をよく理解して受洗した。


――『十六・十七世紀イエズス会日本報告集』



スポンサーサイト


コメント

  1. 山田太郎 | URL | -

    うそくせー、なーんかうそくせー

  2. 人間七七四年 | URL | -

    嘘っぽかろうと「お前の意見も正しいんだよ」とフォローしてやることが重要なんだよ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    宗教なんてのも所詮はギャンブルや幸運のブレスレットみたいなもの
    信じるものは大枚叩いてでも尽くし、実情を知るものは冷笑し、元締めは裏でほくそ笑む

  4. 人間七七四年 | URL | -

    作り話

  5. 人間七七四年 | URL | -

    某伊豆守「その話本当?」

  6. ※4 | URL | -

    女豹?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    名もなき獅子

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    いや、これ意見じゃないよね

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    ごめん下の戸田忠次のと間違えた

  10. 人間七七四年 | URL | -

    こういう話が一つあるだけで宣教師が残した逸話が全部嘘っぱちに思えてくる

  11. 人間七七四年 | URL | -

    女が1人ヒステリーを起こした話は事実かも知らんが、その後の下りが大分盛ってそうだよなぁ

  12. 人間七七四年 | URL | -

    宗麟「わしは従順な雌猫がいいのう」

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    鍋島直茂「当家に良き猫がおりますが如何ですかな?」

  14. ※4 | URL | -

    ※12
    井伊直孝「うちにもかわいいのいるよ!」

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    こんなん仏教神道密教そのほかいくらでもあるやん

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11581-4fc34d6e
この記事へのトラックバック