FC2ブログ

御父 織田弾正忠殿

2018年11月07日 19:38

483 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/11/07(水) 04:36:39.32 ID:yJTjxHUj
足利義昭将軍宣下の時)

信長が帰国の暇を申し上げられると、義昭は不日に逆徒を退治し将軍家を再興した御感激のあまりに3通の
御内書を賜った。そのうち一通は信長を左兵衛督にと仰せ出されたものだったが信長はこれも辞退された。

その他には、

 今度国々の凶徒らを日を経ず時を移さずして退治せしめたのは武勇天下第一なり。当家再興の大忠として
 これ以上のものはない。ますます国家の安治をひとえに頼み入り候。この他に頼み入る他事はなし。なお
 子細は藤孝(細川藤孝)と惟政(和田惟政)が申すものである。

  永禄11年10月24日 判

    御父 織田弾正忠殿

また1通には、

 今度の大忠により桐紋と引両筋の紋を遣わし候。武功の力を受けることだろう。祝儀である。

  永禄11年10月24日 判

    御父 織田弾正忠殿

信長は大いに面目を施され、ただちに暇を賜り25日に京を発って、28日に美濃岐阜城へ帰陣され諸軍勢
に銘々賞禄を施して帰国せしめられた。

――『改正三河後風土記(永禄記・岐阜記)』


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    たしかこの時斯波家の家督継がね?って話もあったけど断ったんだっけ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    そして後年、この時の恩を自分から仇で返しにくいく義昭・・・

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    格上の名跡を襲うことで家格を上げることは常套手段って言うけど、
    大名クラスだと長尾→上杉、斎藤→一色ぐらいで意外と少ない気がする

  4. 人間七七四年 | URL | -

    このときはまだ心から感謝していたのか
    それとも既に心にもない恩賜だったのか

  5. 人間七七四年 | URL | -

    政治家だからねぇ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    将軍家の傘下に収めたい為の工作の一環なんだろうけど、これがすんなりいかなかったから包囲網に踏み切った様にみえますね。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※1

    左衛門督は斯波氏の武衛家の一番上の官職やね

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    家臣とかならよくある気がする
    有能な家臣に大名家ゆかりとか有力氏族の名跡をあたえたり

    北条綱成や惟任日向守とか

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    大名家ゆかりの適当な名字がないと量産型蒲生みたいなことになっちゃうんだね

  10. 人間七七四年 | URL | -

    蒲生の場合は氏郷があげすぎなだけというか

  11. 人間七七四年 | URL | -

    氏郷「大盤振る舞いしないと部下が付いてこないお」
    氏郷「でも知行も限界だし名物をやるにも金がかかるお…」
    氏郷「だから名字をやるお!」

    と考えたかどうかは分からんが、風呂の逸話を見る限りそんな感じの事情があった気はする。
    覇王伝で一字拝領を乱発するタイプである。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    大河秀吉で
    玉置浩二が演じた足利義昭が渡哲也の信長にぼろ負けして「ちちうえー」って絶叫しながら駆け寄って一蹴されたのをおもいだしたw
    じっさい随分持ち上げてたんだな まあそれくらいしか褒美になるもんないしな 

  13. 人間七七四年 | URL | -

    賜姓は姓を天皇から臣下に与える物のだけどこの場合は苗字だが使い方は姓の様に使っているからそれ出来るのは目上から目下になるから大名級は当然将軍しか居ない(天皇だと豊臣の様に姓そのものになる)から少なくなるかと。
    大名の家臣の場合は、自分の苗字を賜姓の様に使ったり、名門の苗字を与える事で家中統制してますね。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    うじやす「今日から北条!」
    家臣「伊勢と北条…うーん…」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11601-5aea1125
この記事へのトラックバック