FC2ブログ

武士は病に依りて死せず、戦争に於て死する

2018年11月16日 17:55

512 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/11/16(金) 17:32:58.59 ID:r88jfdPt
日本の島は六十六ヶ國に分れ、昔時は悉くダイリ(内裏)と称する君主に服従し、此君の下に
公方と称する軍隊司令長官(征夷大将軍)ありしが、互に争ひ司令長官は全國を領し、主なる君に服従せざるに至れり。
而して更に分裂し、各國の長官起ちて主なる君にも司令長官にも服従せざるに至れり。

主なる君(正親町天皇)は当都にあり、尊大にして地を踏むこと能はず、若し地を踏めば廃せらる(天皇が禁苑外
に出ないことか)。彼は少しも兵力を有せず、之が爲め常に困窮せりと難も諸人に尊崇せらる。但し服従する者なし。
軍隊司令長官(足利義輝)も都に在り、少しの兵力を有すれども頭を挙げて其地位を回復する程度に非ず。

此の如き状態は四百年来の事にして、頭なき爲め平和安寧なく、各人其兵数と勢力に應じ、各國を領す。
是彼等間に絶えず戦争ある原因なり。
彼等は大に武器を重んずるが故に其値甚高し。五千クルサドの値のものもあれど少数にして、千クルサドのもの
之より多く、五百クルサドのものは多数あり。短剣も又千クルサド、千五百クルサドのものあり。其他は値低し。
予が今之を述ぶるは如何に武器を尊重するか示さん爲めなり。
武士は病に依りて死せず、戦争に於て死する爲め生まるる者なりと信ぜり。

(一五六四年七月十五日附、都發、パードレ・ガスパル・ビレラよりポルトガルのパードレ、イルマン等に贈りし書翰)


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >武士は病に依りて死せず、戦争に於て死する爲め生まるる者なりと信ぜり。

    フレーズが格調高くてめっちゃかっこいい
    どんな人が翻訳したんだろ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    こういう当時の日本に来た外国人が日本の政体をどう理解したのかは興味深いですね
    この人は天皇が君主で将軍は軍司令長官てまあそのままの解釈ですね。
    後の家康の頃だと将軍が皇帝で天皇が教皇みたいものて解釈してますが、あれは皇帝=ローマ皇帝の西欧人らしい解釈ですね。
    通貨単位がクルサドもポルトガル人だから当然か。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    四百年来ってことは当時の人は保元の乱くらいが乱世の始まりって認識してたのかね

  4. 人間七七四年 | URL | -

    西洋人にしては偏見が少なくいい報告書だ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    家康が大御所になってた頃も家康=皇帝、秀忠=皇帝の世継ぎって解釈だったよ
    外国人は日本の官位ではなく実際の権力をもって判断したんだろう

  6. 人間七七四年 | URL | -

    天皇の〜諸人に尊崇せらる。但し服従する者なし。って記述がシンプルかつリアルでいいね。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    それに関しては論文出してる研究者もいるが、ヨーロッパには隠居制度がないから
    まだ生きてる家康から秀忠に当主を譲るという概念が理解できなかった話になってるね
    もちろん家康にも権力はあるが、秀忠の権力がないという考え方は外国の資料由来の誤謬とされてる

  8. ※2 | URL | -

    ※5,7
    うーん。そうなると大御所家康と将軍秀忠て当時の西欧人が理解するとなると、親子で王位継承を確実にしたり共同統治する為に王が2人居る状態が有りますけど、そう理解していたのかなあ?当時は秀頼居ますし、そう考えてても不思議は無いかなと。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    欧州でも中世や近代に王侯の生前相続の例はあるわけで、隠居の概念がないってのはどういう事だったんだろう。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    仮説1。

    宣教師は少なくとも教会法の知識はあるだろうが相続の専門家というわけではない
    (両法博士レベルの聖職者は多分自分の専門性が生きない宣教師を目指さない)ので
    生前相続の事例については知らないか、知っていても例外として無視していたのではないか?

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    仮説2。

    有名なカール5世の退位では、カールは退位後修道院に入っている。
    つまり俗界から聖界に入ったために世俗君主としては欠格となり、
    死亡した場合と同様の相続手続きが執り行われたと解釈する。
    家康は隠居時に出家していないので、このケースに当たらない。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    仮説3。

    欧州では退位こそ少ないが職務の分担を通じて実質的な権限移譲は行われていた。
    ただし隠居に相当する通過儀礼がないため、通常何月何日というタイミングが特定できることはない。
    よって(権力を手放しつつある)王と(権力を握りつつある)世子は両立しているのが普通であった。
    宣教師は翻訳困難な隠居という用語を避け、(実権なき)王と(実権ある)世子という常識的な記述をした。

  13. ※10-※12 | URL | -

    以上です。
    素人の妄想ばっかり書いてすまんな。

  14. 名無しさん | URL | -

    ※7
    秀忠に権力がないわけじゃないが、家督を譲っても家康のほうが権力あるぞ
    武家のルールだとたとえ家督を譲っても親が家督を取り返すのは合法(御成敗式目にもある)
    双方が対立した場合家康のほうが強い、秀次も秀吉と対立したらすでに家督譲れてたがあっさり粛清された
    子供が軍事力などで覆した事例は斉藤家や伊達家などでもあったがね。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    島津貴久も悔い返し喰らったのに最終的には勝利したよね
    前当主と現当主の力関係って本当にケースバイケース

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    宣教師が作った日本語辞書にはちゃんと「隠居」の項目もあってな
    権力うんぬんも含めてちゃんと日本の習慣を理解してたりする

    また大御所家康=皇帝って認識は宣教師だけではなく商館に滞在する
    外国人も共有してたりする

    秀忠が皇帝として記載されるのは家康死後の話だし、日本側史料での
    代替わり認識も家康の死が基準になってる

  17. 人間七七四年 | URL | -

    秀忠も次の家光も大御所の死後にやったことが「代初めのナントカ」て言われてるよね

  18. 人間七七四年 | URL | -

    そう言えば江戸時代の外交称号は日本国源○○を使っていて、家康と秀忠は家康が日本国源家康で秀忠は日本国征夷大将軍源秀忠を使っていて、秀忠が日本国源秀忠を使うのは将軍就任直後と家康没後しかないらしいですね。
    秀忠と家光だと家光が将軍就任から日本国源家光で秀忠は外交からは退いている形になる様で家康と秀忠の大御所には違いが有る様ですな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11619-85bd5fb8
この記事へのトラックバック