FC2ブログ

週間ブログ拍手ランキング【11/15~/21】

2018年11月21日 16:41

11/15~/21のブログ拍手ランキングです!


嘉明家中の者迄みな、前帯に 17

加様の時ばかり、又市又市とばかり 14

6月28日姉川合戦・徳川勢 13
武士は病に依りて死せず、戦争に於て死する 12
江州の滑者共さこそあらめ 11

御心強く御談合候へ 7
勇士・真柄十郎左衛門直隆父子 7
早くも軍伍を定めたぞ。心安く思い候へ 7

大将は何処におわしますぞ 6
はや笛を吹くように 6
人の馬は猶以嫌 5
その血は神君の御刀にそそぐほど 5
「さらば掛かれ!」 3


今週の1位はこちら!嘉明家中の者迄みな、前帯にです!
まあセコイですよね。しかも地味に。キャラには合っている気がしますがw
しかしこの手の妙な戦国いざという時ワンポイントアドバイス、手拭い大好き藤堂高虎さんが有名ですが、加藤嘉明にも
この手の逸話が有るという事は、秀吉、というか羽柴家取り立ての人々には、割とこういう細かい日常(?)でつかえる
技術を考えたり教えたりしたがる、アイデアママみたいな特性があったのではないか、なんてことを妄想したりすると、
割と面白い気がしますw

2位はこちら!加様の時ばかり、又市又市とばかりです!
同じ様な話として人の馬は猶以嫌も紹介されていますが、
この小栗又市も安藤さんもこんな事言いながら大阪の陣では非常に奮戦し、両者結局、その時の負傷が元で死んでしまうわけです。
それを知った上でこれらの逸話を読むと、なんとも不思議な感慨を持ってしまいます。
確かに三河者は、面倒くさいですね。面倒くさい本物の戦士たちなのだな。そんな気持ちになる逸話でした。

今週管理人が気になった逸話はこちら!武士は病に依りて死せず、戦争に於て死するです!
非常に生々しく、戦国期の京都の有り様が描かれていると思います。朝廷権力が朝廷と武家に分裂し朝廷権力が衰退し、
更に武家券力も分裂するというあたり、中世日本の権力の流れを大変良く理解していると感心sます。よほど日本の歴史に
詳しい人物からレクチャーを受けたのでしょう。
それにしても、最後の「武士は病に依りて死せず、戦争に於て死する爲め生まるる者なりと信ぜり。」という言葉、
実際に誰か、或いは複数の武士がそう言ったのでしょう。ここからは近世葉隠の一節、「武士道とは死ぬことと見つけたり」の
精神の源流を感じたりもします。
非常に興味深い内容だと思いました。



今週もたくさんの拍手を、各逸話にいただきました、いつもありがとうございます!
また気に入った逸話が有りましたら、そこの拍手ボタンを押して下さいね!
(/・ω・)/
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11627-ba38a22a
    この記事へのトラックバック