FC2ブログ

姉川勝利

2018年11月22日 18:15

522 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/11/22(木) 02:44:20.60 ID:hd5SfMHy
(姉川の戦いの時)

浅井長政も叶い難く小谷を目指して敗走すると、味方は矢島郷の尊照寺・田川辺りまで追い討ちした。安養寺
三郎左衛門経世(氏種)は生け捕りとなり、信長の前に引き出された。信長はかねてよりその名を

聞き知っておられたのでその命を許され、「私はこの軍威に乗じてただちに安養寺に案内をさせて小谷を攻め
ようと思うがどうだ」と問われた。安養寺は答えて「長政は今日は敗走したといえども、父の下野守久政の勢
1,800ほども備えて城を守っていますので、軽々しく押し寄せなさるのは御遠慮あるべきでは」と言った。

信長はその言葉をもっともであるとして、「小谷はまたのことにしよう」と安養寺を助命し、そのうえ願いの
ままに小谷へ送り帰しなさった。かくて今日討ち取った敵の首を数えると3,170級。多くは徳川勢の討ち
留めたところである。信長は神君の大功を感心されて、

 今日の大功は殊更に言うまでもない。前代に比類なく後世の誰が雄を争えようか。当家の綱紀にして武門
 の棟梁というべきものである。(今日大功勝て言う可からず。前代比倫無し。後世誰か雄を争う。当家の
 綱紀武門の棟梁と謂う可き也)

以上の感状に長光の刀を添えて進上された。この刀は光源院将軍(足利義輝)の秘蔵でその後に三好下野入道
謙斎(政勝)が所持した世に優れた名物である。(原注:『柏崎物語』にこの時、信長より源為朝の用いた

矢根を進上され、御当家で槍にされたと見える)その他氏家・稲葉・伊賀の3人(美濃三人衆)も横槍の功を
賞して感状を賜り、諸手の将卒の勲功も漏らさず褒美なされ、姉川で勝利の凱歌を奏せられた。

姉川の戦い大勝により信長は頻りに礼謝の言葉を尽くされ、神君は御勢を引き連れられて三河へ凱旋された。
信長はただちに横山城を囲んで攻めなさった。大野木土佐守・三田村左衛門・野村肥後守・同兵庫頭などは
随分と防戦するも叶い難く、ついに城を渡して小谷に引き取ったため、ここは木下藤吉郎秀吉に守らせ、

姉川で討ち取った首は京都へ遣わして、義昭将軍の実検に備えて六条河原で梟首せしめた。京都では「ああ、
おびただしい首かな」とこれを見る貴賤ともども驚嘆して肝を潰したということである。信長は7月に至り
軍勢を進めて、磯野丹波守(員昌)が籠る佐和山城を囲み攻められた。この城は険阻な要害の地であり、

丹波守はさる老練の宿将で防戦の術を尽くしたので容易に攻め取り難く、そのうえ織田方の軍勢は打ち続いた
合戦で人馬も大半が疲れたため「この城はまた攻めるとする」と城の近辺に獅子垣を結い回し、鳥居・本口・
百々屋敷に向かい城を取って丹羽五郎左衛門(長秀)に守らせ、北方の尾末山に市橋九郎左衛門(長利)、

南方の佐渡山には水野下野守(信元)、西の彦根山には河尻与兵衛(秀隆)などと定め佐和山を押さえさせて
信長は入洛なさり、義昭将軍に謁して姉川の戦い勝利のことを告げられ、7月8日に岐阜城へ帰られた。

――『改正三河後風土記(東遷基業・岐阜記・武徳編年集成・四戦紀聞・織田真記)』


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >信長より源為朝の用いた矢根を進上され、御当家で槍にされた

    でけえ
    さすが対艦ミサイル

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >でけえ
    >さすが対艦ミサイル
    ※2
    本当にそんな逸話有るんだからねえ。
    伊豆大島に流罪になったら伊豆七島征服して独立国みたいになって、それを鎮圧する為の軍勢の舟に矢放って沈めたって、そりゃGoogle検索に源為朝 ガンダムて出て来るわなw

  3. ※1 | URL | -

    鎮西八郎の逸話はやばい
    妖怪退治とかと違って物理的にやばい

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >姉川で討ち取った首は京都へ遣わして、義昭将軍の実検に備えて六条河原で梟首せしめた。京都では「ああ、
    おびただしい首かな」とこれを見る貴賤ともども驚嘆して肝を潰したということである。

    これは他の史料でみたことないな
    朝倉浅井を公儀の敵として印象付けようということか

  5. 人間七七四年 | URL | -

    原哲夫先生、為朝描いてくれないかな…

  6. 人間七七四年 | URL | -

    南の為朝、北の義経
    バランスが良い

  7. 人間七七四年 | URL | -

    米6
    東は重忠、西は教経ってところかな

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    その二人は武勇伝的には文句なしなんだが、
    海外で王朝の祖になった伝承がない分一枚劣るんだよな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※が気になったので為朝の事を調べてみたのだが...
    平安末期の人物って帝から貴族や武士に至るまでアレな人達ばっかり。戦国人がマトモに見えてしまう

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    そりゃ平安末期以前に摂関政治全盛期の王朝国家体制時代すら大概だと思うよ。平安貴族輩過ぎるわw鎌倉武士も男衾三郎絵詞の内容てかなりドン引きする話だし、蒙古襲来の時の鎌倉武士の元高麗軍の印象はなかなかだと。神風関係無く引き上げざる得なくなるやろあれは。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    「ナメられたら殺す」でおなじみ鎌倉武士ですが、別にナメられなくても殺します。
    むしろ大抵のことは殺して解決します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11632-d09fd97a
この記事へのトラックバック