FC2ブログ

只今ほど通りやすい事はありません

2018年11月25日 17:23

529 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/11/25(日) 17:11:20.22 ID:wok7f2q1
安房里見義康の重臣である正木将監(頼忠)は関ヶ原の陣の折、当時里見家の妻子方が因幡国に在ったのを
見届けるため、下人五、六人を召し連れ関東より上った。この事について朝比奈喜左衛門という人物が、
「只今の騒動に、軽き体にて海道を通られるとは、奇特なる事と存じ候。」と、殊の外誉めたのであるが、
これに対して正木将監は

「いや、只今ほど通りやすい事はありません。何故ならば、天下を望む治部少輔が、私のような者を一人
打ち留めて、却って里見に恨みを含ませるような事はする筈がないからです。」と申した

(武功雑記)


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    石田ら主要人物はともかく、末端の将士や西軍優勢地域の野伏はそんな小難しいこと考えんやろ…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    1人でも味方を揃える事に腐心している石田なら、というのは分かる。
    でも因幡国にたどり着く前にどこかで追われそう。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    どういう流れで安房の領主の家族が鳥取なんぞにいるんだろう?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    三朝温泉か投入堂の物見遊山にでも行ってたかね?(適当)

  5. 人間七七四年 | URL | -

    或いは東に逃げるのは難しいから、西に、そして極力京都大坂から離れる事を考えた結果、因幡まで至ったか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11637-e44ed8fb
この記事へのトラックバック