FC2ブログ

伊藤内蔵という者を討つ

2018年12月18日 18:28

532 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/18(火) 17:51:17.65 ID:ZMc4njbi
瀧川左近(一益)が未だ匹夫の頃、伊藤内蔵という者を討つ事を、諸人あぐんでいた。そのような中、
ある宮の拝殿で、内蔵がここに参詣する時必ず座する柱が有ったのだが、左近はここに密かに穴を開けておき、
内蔵が社参した時、この穴より鉄炮で撃ち殺した。

この事でその場の人々は大いに立ち騒いだが、左近はその中を何事もなかったかのように退いた。
しかしこの時刀の鞘を落としていたことに気が付き、これを無念に思い、再び立ち帰って鞘を取って
また退いた。
(武功雑記)

肝が座っているのやら座っていないのやら


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    鞘だけ落とす、ってどういう状況下でそうなったんだろ?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    米1
    穴を開けるのに刀を使ったんじゃないのか

  3. 人間七七四年 | URL | -

    穴の中に鉄砲を内蔵しておいたんだな!

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ?「あれれー?こんなところに刀の鞘があるよ。おかしいなー」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    柱「左近、負けたり!勝って帰るつもりなら何故鞘を捨てる!」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    伊藤内蔵「なんの、この程度痛うないぞう!」
    瀧川左近「そうかじゃあ首も斬っておこう」

    そして鞘を置き忘れる。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11679-0b9dbdd9
この記事へのトラックバック