FC2ブログ

四郎こそ我が子と言いながら

2018年12月26日 22:26

549 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/26(水) 20:53:09.94 ID:ye6XdlVb
四郎こそ我が子と言いながら


ます田の四郎(天草四郎)、この者は近年肥後のうとふ(宇土)と申すところにいたそうだが
この度天草へ参り、みなキリシタンに立ち帰ってしまったという。
しかし大将となった四郎の母、祖母、姉は肥後殿(細川忠利)に捕らえられていた。
捕まっている山に、四郎の姉婿の大矢野の小左衛門と申す者がいたが、四郎が
「母、姉が捕らえられては是非も無し」
と申したので、小左衛門は忍び込もうとしたが捕らえられたのだという。

小左衛門を伊豆(松平信綱)が召し出され四郎のことについて尋ねると
「『四郎は普通のせがれではない』と親が申し做しており、四郎は人間ではないと
 評判になっていたので、人はみな騙されてしまった。私も同様でございます」
と申したという。

(中略)

小左衛門に伊豆殿御公使衆が(四郎の)様子を尋ねると
・四郎は十六だが利発で、読み物をあれこれ読む
・未だかつて十方にいないようなせがれであると、四郎の親は思っている
・親は「四郎こそ我が子」と言いながら「人間ではない」と奇特不思議なことを
 言いふらしたため、天草・有馬の者がキリシタンに立ち帰った
・自分も騙されて「敵がどんなに詫びてきたとしても目を眩まされるな」と言われ
 本当だと思って、みなの為に物事が上手く運ぶようにしていた
と申し、他に申し分はないとのことだった。


ーー『池田家中某氏島原陣覚書』



550 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/27(木) 10:34:37.91 ID:A2FsnyoP
畜生のように逆さに吊され生きたまま生皮剥がされるのを目の当たりにすれば転んで自白しちゃうよね
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    要約すると

    小左衛門「俺は悪くねぇ!」

    て事?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    信玄「四郎こそ」
    勝頼「!」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    天草四郎は見ようによってはロックなヤツだなぁと思う。
    担ぎ上げられたとは言われるけど、そうだとしても人の意地を汲んで戦いに身を投じたわけだし、特別な生まれというわけでもないから老若男女問わず声かけ易かっただろうなあ。

  4. 人間七七四年 | URL | 9fn0MV6o

    米2
    俺も最初、武田四郎勝頼のことかとおもた

    信玄も生前にこのくらい息子に惚気てたらなあ。いや、無理か武田源氏の家風じゃあ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    米4 なお最近見つかった義信の手紙
    何か辛いことがあれば俺を頼れ
    父や他のものがなんと言おうとお前は俺の弟だ
    最後に武田四郎殿
    信繁といい義信といい早く死ぬ武田の呪い

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    いい兄貴だったんだな
    その座を意図せざる形で奪ってしまった勝頼の気持ちを思うと泣ける

    ガラス玉ひとつ落とされた 落ちたとき何か弾き出した
    奪い取った場所で光を浴びた

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    ????「いい話だ、感動的だな、だが無意味だ」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    その生まれ変わりだと言ってる方はシャンソン歌手だけどね、生き方はロックだが

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11697-ce32f7cb
この記事へのトラックバック