FC2ブログ

池田光政、お見舞いのお菓子を作る

2018年12月29日 17:15

607 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/29(土) 16:10:06.29 ID:0XdPBbAf
池田光政、お見舞いのお菓子を作る


御大老の酒井雅楽頭(忠勝)が(病気で)御不食のとき、御大名方が珍味を贈り物に
していたので、公(光政)も何か(雅楽頭に)差しあげたいと思われた。
御膳奉行を呼んで相談したところ、浮麩*がよいということになったので、赤小豆をすり
米粉を取り寄せて、御自身で拵えて小さい重箱に入れられた。
(光政は)御留守居役を使者として遣わしたが、余りにも少ししかないので(雅楽頭が)
気分を害されるかもしれないと使者は思いながら参った。

御口上を申し入れると、御使者へ逢われるそうなので待つようにと言われ暫くして
奥へと段々通され居間の襖障子が開くと、そこに(雅楽頭が)いらしゃった。
「新太郎殿(光政)の御使者に、懇意の贈り物のお礼を申せそうにありません。
 最近は何も食べられなかったのですが、御親切のお礼に食べてみせますよ」
と仰せられ、快く一つ分を召し上がった。

このことを帰ったら申し上げるように伝えられていたので、(光政は)殊の外お喜びに
なり、御使者も存外の首尾で帰ってくることが出来た。


ーー『率章録』


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    病気で食べられないらしいからお見舞いに珍味を贈ろう
    なんでやと思ったけどお見舞いだと食うんだな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    こうやって相手の面目を立てるのも武士の仕事だな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ????「見舞いと称して空の器を差し入れるのだぞ」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    管理人さん浮麩の説明が無くなってますよ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    一応置いておきますね。

    * 米の粉の団子を、小豆の絞り汁で煮て塩加減をし砂糖を加えたもの。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11702-fd5bcd65
この記事へのトラックバック