FC2ブログ

兜は念入りにすべきだ

2019年01月07日 21:38

623 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/01/07(月) 09:00:32.11 ID:HHEB62gR
家康公が在る時このように仰せに成った。
「小身の武士が装備する具足を作らせる時、胴や籠手などは粗末に作ってもよいが、兜は念入りにすべきだ。
何故ならば、討ち死にを遂げた時、兜は頸と一緒に敵に渡るものであり、つまり死後の為のものでも
あるからだ。」

これについて、上田宗古はこのように語った
「武士は討死を遂げ、首になった時のことを常に心がけておくべきでしょう。であるので、
月代などが後ろに下がっていると、詫言をしているような顔になり見苦しいので、若き衆は必ず、
後高に剃るべきです。明日は必ず合戦があると知れた前日は、頸を綺麗にしておく心得が第一です。」

(常山紀談)



624 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/01/07(月) 18:26:33.70 ID:dprbvp00
地味加藤「ズボンの紐は前で結べ」
三歳様「下半身裸の死体は見苦しいからな」
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    今川義元「常日頃化粧してますが何か?」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ???「褌は白にしておけ」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    言い回しが「お家のため」じゃなく「死後のため」なのなんでだろうって

  4. 人間七七四年 | URL | -

    兼続「兜は愛入りにすべきだ」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    九州の方じゃ化粧するのは当たり前だったらしいからな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    木村重成「兜の中も任せろー」 ケムリモクモク

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >>胴や籠手などは粗末に作ってもよいが、兜は念入りにすべきだ。
    小身でこれなら、取っ替え引っ替えの信龍さんはさすが武田一門衆って感じなんだろうなぁ

    でも、どこかの家で「厚手の籠手で防いで槍で突く」って戦法だけで生き残ったって武士の逸話が合ったな。
    名前が誰だか忘れてしまった。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    この逸話の粗末うんぬんは飾りの話で丈夫さは別じゃないかな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    多分この人だ

    黒田家家臣、野口一成の槍術・いい話
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-969.html

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    流石にそれ位は承知しているつもりです
    別にそんな意図だけで話を振ったつもりは無いです
    作りが粗末の意味では防御に問題もあるので間違った解釈だとも思っていません
    実際に兜だけで生き残れるような戦場じゃないでしょうし、作りがペラいと装飾も
    防御力もないから不安に思っただけです

    ※9
    有難う、まさにこの逸話です

  11. さかやきは、あんまり後ろの方まで剃らない方がいいってことでしょうか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11716-b783be82
この記事へのトラックバック