FC2ブログ

三の重宝

2019年01月08日 18:16

625 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/01/08(火) 16:17:28.91 ID:NOce0VTW
池田輝政公によると、武将の重宝とすべきは、領分の百姓と、譜代の士と、鶏の三品であるとした。
その理由として、百姓は田畑を作り我が上下の諸卒を養う、是れ一つの重宝なり。
譜代の士、たとえ気が合わず扶持を放したとしても、敵国においては、かの者が実際に扶持が放れたと
思わず、間者として入ったのではないかと疑い、故に敵国に逗留すること出来ず、終には我が国に帰って
我が兵と成る。故にこれ二つ目の宝である。
また、目に見える合図、耳に聞こえる合図では、敵の耳目にかかりやすく、敵国の中では簡単には
出来ない。しかし鶏鳴は誰もそれが合図だとは思わないが故に、即ち敵国の鶏鳴にて、一番鶏にて
人衆を起こし、二番鶏にて食し、三番鶏にて打ち立つなどと合図を決めておけば、敵もその合図に
気が付かないという徳がある。これが三つ目の重宝であり、これらを三の重宝と立てたのだ、と
言われた。

(常山紀談)


626 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/01/08(火) 21:05:40.78 ID:Kf8Bs6YY
>>625
鶏は大事な食糧かと思ったら時計あわせか
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >>譜代の士
    でも貴方、父親と兄が討たれた時に自分の馬引いて逃げた家臣達を冷遇しまくりましたよね?
    他の家臣達が姫路に移封時に加増昇進しているのに、息子の時代にやっと加増された位だし

  2. 人間七七四年 | URL | -

    それで鶏が思った時に鳴かない場合は如何するのでしょうか?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    信長「鳴かぬなら(略

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    孟嘗君「そういう時は」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    物真似ですかwwしかしよくそんな奴居候させようと思った物で。
    宴会の余興要員とか?
    そういや蒲生工場長のとこでも似たような話が

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11717-1ea36120
この記事へのトラックバック