FC2ブログ

彼こそ後の天海である

2019年01月16日 18:55

天海   
634 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/01/15(火) 20:48:00.21 ID:ogDEz5zg
蘆名盛重(義広)が摺上原の戦いで伊達政宗に敗れ落人と成った時、会津城内の稲荷社別当である喜楽坊が
指図し、女にも刀脇差を挿させ、自身は薙刀を持って盛重を警護し、敵の中を堅固に撤退した。
その後盛重が常陸国江戸崎に在った時は、この喜楽坊を不動院と呼んだ。
彼こそ後の、東叡山寛永寺の南光坊天海である。

(武功雑記)

天海が会津蘆名家の所縁という話、武功雑記にも出ていたのね。



635 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/01/15(火) 21:38:03.52 ID:ykTP4dc7
じつは武闘派だったりするんかね

636 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/01/15(火) 22:47:13.99 ID:0qpatG4+
戦国時代の僧侶はモンクみたいなの大すぎィ!まあそんな時代だからこそだろうけど

637 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/01/16(水) 00:28:32.87 ID:C/26Bp5P
摺上原の戦い(1589.7.17)の頃にはもう家康の幕下にいたんだろうけど
まあそういった噂が立てられるぐらいには武張ってたのかね>天海の喜楽坊時代
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    こんな苦労をしなければもっと長生きできただろうに

  2. 人間七七四年 | URL | -

    光秀「である」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    天海さんの分身の術すごいなあ。
    さすが空海さんの空を超える天を名乗るだけのことはある。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    昔の寺は学術の場でもあるから坊さんは武に関する知識も学べたと言うしね。
    天海僧正用の甲冑も有るし案外飾り用ではなく出陣したかったのかもw

  5. 人間七七四年 | URL | -

    海の向こうの聖職者も武闘派だったようだし宗教と武力はどうやっても切れない関係にあるらしい

  6. 人間七七四年 | URL | -

    信仰を守るにも武力が必要、という事でしょうね

  7. 人間七七四年 | URL | -

    この人、川中島を見たとか言う話もあったような…観戦武官かな?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11728-561a8153
この記事へのトラックバック