FC2ブログ

茶々から秀次への手紙

2019年01月19日 18:16

淀殿   
667 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/01/18(金) 23:37:12.99 ID:oWMg4/ko
茶々から秀次への手紙


文禄二年閏九月六日に、関白・豊臣秀次は太閤・秀吉の有馬湯治の見舞いへと赴いた。
見舞いに行くことを北政所と茶々へそれぞれ手紙で伝え、自身も湯治をした。(『駒井日記』)
以下は十月八日に来た茶々からの返信。


(有馬の)御湯が丁度良く、すぐ清須まで戻ってこられるとの懇ろな手紙をありがたく喜ばしく思います。
太閤も一段とご機嫌がよく、この程は聚楽に御成されました。
姫君(秀次娘)も御息災でいられるそうです。そのまま御上洛をお待ちしています。
御文はよくよくありがたく思い、何と言ってもめでたいことですから重ね重ねお願い申し上げます。かしく。

人々御中 
まいる    申給へ

――『福田寺文書』

返信前の十月一日には秀吉により御拾(秀頼)と秀次娘の縁談が取り決められており、それを受けての手紙と思われる。
このとき許嫁となったとされる八百姫は病気がちで、秀次正室の若政所が祈祷依頼を出している。(『兼見卿記』)
秀次自害の連座で亡くなった子女に八百姫がいないこと、没日が違うことなどから自害前に亡くなったとされる。


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    病死とて悲しいことなのに、三条河原の惨劇を経験せずに逝ったのは本当に良かったと思ってしまう…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ググって気付いたけどwikiに若政所の記事出来てるね
    本当に何で生き残れたか分からん

  3. 人間七七四年 | URL | -

    側室の婚姻は秀次が勝手に結んだものだけど、正室の婚姻は秀吉が取り持ったものだからね
    秀次が粛清された原因はいくつかあるが、直後に大名同士の無断婚姻の禁止が制定された事を考えると
    婚姻同盟を結び、謀反ないしは秀吉の権力を脅かす恐れがあったからだろう
    側室とその子供が連座されるが、正室の娘は池田に属するので例外となり実家に戻されたのだろう
    信康事件の時も正室の信長の娘とその子供は助命されたし

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    >>池田の娘は例外
    北の脳筋狐の娘は殆ど関係がないのに駄目だったね

  5. 人間七七四年 | URL | -

    池田の娘許されたのは家康がバックにいるから以外ないしな

    中途半端理性効いてるからタチ悪い

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4 駒姫に関しては一応赦されてる。
    三条河原まで報告が届くのが間に合わなかったけど。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    駒姫赦免の話は同時代資料にはないんじゃなかったっけ?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    本当に駒姫が赦免されてたら鮭様の謹慎も解かれる筈だけど
    謹慎が解かれたのは結構あとの話だもんなぁ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    具体的にどの文献に書かれているか教えていただけますか?
    個人的にはその出来事は創作だと思っているので。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    申し訳ありません、そういう話しを見たというだけでおそらく創作だろうと思います。
    信憑性のとれていない事をさもあったかのように書き込んでしまいました、失礼しました。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    秀次と鮭様が婚姻同盟を結んだ事が問題視されてるので
    当時婚姻とは家同士の結びつき、実際に褥をともにせずとも婚姻を結んだ事が重要
    下手すると最上家まで連座させられる事態だった

  12. 人間七七四年 | URL | -

    まあ秀頼や国松が虫けらのように殺されたのはせめてもの救いだな

  13. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    ※12
    そんなのが救いになるとは思わんけどね

  14. 人間七七四年 | URL | -

    因果応報的な意味で

  15. 人間七七四年 | URL | -

    最上家が徳川に改易され、子供達の多くも徳川に殺されているんだからなんの慰みにもならんだろう

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※15・15
    騒動自体を起こしたのは最上家だし、それを取り締まるのは幕府の役目
    慰めとか云々じゃないでしょ

  17. 人間七七四年 | URL | j7kPgX2Q

    因果応報的な意味で(義康)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11731-0562c9df
この記事へのトラックバック