FC2ブログ

省陌(せいはく)

2019年02月06日 19:02

722 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/02/05(火) 20:27:29.27 ID:95aPpVc+
銭96文を「百文」というようになったのは、上杉憲政の家老、長尾伊玄(景春)という者が制を立ててより
始まった事である。長尾が曰く、敵国に入り町人地下人逃げ散りその地に居なく成れば、軍に従って来た
小身の中間などは少しの者も買うことができなくなる。つまり取り鎮めても豊かでなければ、銭も使用
出来なくなるのである。逆に豊かな世では、欠漏があってこそ長久の政であるので、銭を96文にして
4文づつ欠けたほうが良い。その上32文づつ3つに分け、32文を4つに分ければ8文となる。このように
計算できるので使い勝手も良いと、96文を以て百文とし、960文を一貫文と定めた。

(安斉随筆)

実際に中世は銭百文未満を百文とする慣習があったようで。で省陌(せいはく)という慣行だったそうです。
それにしても上杉憲政の家老が長尾景春とか、まあ史実的にはむちゃくちゃですね。



723 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/02/06(水) 10:46:49.92 ID:pnyl82Jx
96進数...

724 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/02/06(水) 13:39:06.31 ID:FiKxO/hS
景春がいつだしたのかはわからないけど、wikiみると永正二年の撰銭令が日本での初出なのかな?
西国だと80枚75枚と地方によって違いがあるみたいだね
てか、維新後に禁じられるまで慣例として通用していたのか
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    枚数の減らし方が激しい地域は銭不足なんかね…

  2. 人間七七四年 | URL | ncVW9ZjY

    96=2*2*2*2*2*3 と素因数がたくさんあるので、割り算の計算がしやすい。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    さし代含めて100文分だと聞いたように思ってたが、ガセだったのか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    長尾景春が間違いで長尾憲景あたりなのか、それとも上杉憲政が間違いで上杉顕定なのか…
    ただ単にその家の有名人をつなげただけで、山内上杉の家老の白井長尾氏の誰か別人か…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    平和じゃなきゃ銭も役に立たないのか勉強になったな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    銭はそれでも銅地金としての価値があるからマシだが
    紙幣はマジでケツをふく紙にもなりゃしねえ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    シャーペンの芯も400本入りと書いてあるが391本しか入ってないからな

  8. 人間七七四年 | URL | -

    フォレストとかいう「飛行機事故で無人島に不時着するサバイバルゲーム」では、
    紙幣は木材に火を点ける時に役に立ってたぞ。
    無人島だと燃えやすい紙なんて乗客の持ってる紙幣ぐらいしか無いからな。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    つまり成金の「どうだ明るくなったろう」は正しい紙幣の使い方だった…?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11760-aa1d18ef
この記事へのトラックバック