FC2ブログ

同道し引き取れば良かったのではないか

2019年02月10日 17:41

734 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/02/10(日) 07:29:58.83 ID:4nGBoZpj
織田備後殿(信秀)からの、息子信長への遺誡のうちに、「大利を得た場合、其の勢いをよく養えば
敵国は自然に滅びるものである。」というものがあった。
この事を柴田勝家はよく知っていた故に、賤ヶ岳の戦いの際、中川清秀の砦の急襲に成功した
玄蕃允(佐久間盛政)に急ぎ引き取れと、使者数度に及んだが、玄蕃はそれを用いず自分の戦果を誇る
様子が見えた。

或いは曰く、このように玄蕃允が下知を用いないのであれば、勝家が早々に進み来て、玄蕃を引き立て
同道し引き取れば良かったのではないか。秀吉ならばそうしただろうと、心ある人は悔やんだという。

(甫庵太閤記)


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この戦の趨勢であればそうだろうけど、秀吉が「自然と滅ぶ」とは思えんな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    自分が行って強引に連れ帰るとかジャイアンのかーちゃんかよ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    戦場では状況が変わるなんて事当たり前なのだから、勝家が撤退に拘らずに攻勢に転じていれば、
    もっと戦線を押し上げる事が出来た可能性があると思う。

    佐久間隊の奮戦って徳山則秀等の活躍もあってのことだから、こう言う武将達の評価も
    今後は上がってくれると嬉しいな。幾らなんでも注目されなさ過ぎ。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    前田さえ裏切らなければ盛政の突出はそこまで大勢に影響してないからなあ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    あの時こうしてればよかったのにって現場を知らない感がすごく漂う
    まあ歴史読んでるとよく考えちゃうけど…

  6. 人間七七四年 | URL | -

    後方の勝家本陣が戦果拡張に傾いたとしても、
    丹羽隊の後詰が成功してる時点で勝利は困難だったし佐久間隊の突出はやっぱり悪手だったとしか

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    ではご自分は実際に現地なり学者から見聞きしてきたのでしょうか?
    現場をご存知のご様子ですし。

    ※6
    丹羽隊は現地に直ぐに到着した訳ではない筈です。現在の解説文から察するに少なくても、佐久間隊の攻勢が
    成功した後の丸1日ないし遅くても半日、早くて数時間の猶予はあった筈です。
    結局親父殿は「待ち」を選択しちゃったんだけど、待った後にどうしたかったのかが見えて来ないんだよね。
    どう決着を付けたかったのやら?

    不思議なのですが、北陸勢に勝機が無いと断じてしまっている人達側も、結局最初から何したって負けに
    したいだけな発言が多いんだよね。実際結果は負けではあったけど、最初から勝機が無かったと断じちゃう
    のは盲目だと思うね。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    岐阜で信孝が挙兵したのは勝家も予想外だった可能性
    何しろこの作戦が本命だとしたら勝家の反応は鈍すぎると言わざるを得ない
    本当はもっと大物、毛利とか徳川あたりを引き込める目算があったのかも
    実際に毛利は両天秤かけてたみたいだし

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    同意見。誰も実際の戦闘を見たこともらないから、想像の遊戯にすぎないな。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    佐久間が負けて逃げ出しているんだから、前田だって逃げるよ
    なんで敗戦処理しなきゃならんのだ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11768-5754bf0d
この記事へのトラックバック