FC2ブログ

一体彼が何人力だったのか

2019年03月04日 15:01

704 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/03/03(日) 22:50:49.97 ID:xdjGo/EV
秀吉の朝鮮出兵で、赤松左衛門尉広秀(斎村政広)も朝鮮に派遣された。
彼の家臣の田路勘四郎は強弓であり、敵を多く射斃し追い払って、小川の堤に沿って馬を進めていると、
その友人である衣笠宗兵衛の馬が、堤の下を走ってきた。「衣笠は敵に討たれたのか?」そう思いながら
進むと、先の方で朝鮮の兵が衣笠を捕え、胴を左の脇に挟み、頸を右手で握り、小川の流れの中に
衣笠の頭を押し浸し、二口三口水を飲ませては引き上げ、再び水を飲ませては引き上げる、という事を
行っていた。呼吸を遮り苦しみながら殺そうとしたのであろう。

これを見た田路は後より駆けつけ、刀を抜いてこの挑戦兵を袈裟斬りに斬り殺し、衣笠を助けた。
「一体どうしたのだ」と尋ねると、衣笠は

「あの朝鮮人が私に敵せんと相向かった所を、拝み打ちに切り払ったが、彼は長い袖を挙げて
刀を払い、そこで組み合ったところ私は横抱きにされた。力を尽くして彼より脱しようとしたが、
力及ばなかった。一体彼が何人力だったのか解らないが、私はまるで2,3歳の小児にように扱われた。
そしてこの川に降ろされ、あの様になっていたのだ。彼はその間、苦しむ私の顔を見て何度も笑った。
無念類なかったが、貴殿の力によって不慮の死を免れた。」

こうしてうち連れて自陣へと帰った。

(武将感状記)


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >>挑戦兵を袈裟斬りに斬り殺し、衣笠を助けた。
    状況は悲惨なのにこの一文で噴出してしまったw

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    「王者・田路勘四郎、初防衛に成功」
    みたいな?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    朝鮮人は昔から変わらんのよなあ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    要らんことして死んでる…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    獲物を前に舌舐めずりするのは三流の証拠。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    そら武将でもなんでもないんだから当たり前だろ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    明軍と朝鮮人の戦闘力はどれくらい差があったんだろう

  8. 人間七七四年 | URL | -

    自陣に連れ込んでから可愛がればよかったのに…

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※1より※2さん
    ある意味でそう取れる内容でもあるねw
    朝鮮=挑戦と誤字だったので

  10. 人間七七四年 | URL | -

    状況的に小部隊の遭遇戦か何か......小競り合いなんだと思うけど、味方が追い散らされる中嗜虐心に正直だった剛の者朝鮮兵。
    いろいろと謎すぎるw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11801-8c4d75c0
この記事へのトラックバック