FC2ブログ

梅北一揆顛末

2019年03月05日 18:07

769 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/03/05(火) 17:41:18.44 ID:CvS0qjxX
加藤清正が朝鮮に赴いている時に、その跡にて薩摩人の梅北国兼が肥後の地を侵掠した。(梅北一揆)
境善左衛門は熊本に留守居として佐敷城に居たが、肥後の国衆は多くが梅北に従い、兵勢いよいよ盛んであった。
境はこれと戦っても力で匹敵することは出来ないと判断し、一旦偽って梅北に降伏する体にして、
彼を刺し殺そうと思い、城を梅北へ渡した。

梅北は入城したが心許さなかった。そこで境は「今日より臣令を取るの始めなれば、祝詞のため御盃を頂き
候はん」と、梅北を饗した。この時梅北の心を和らげようと、酌取りに美女を出した。

梅北先ず飲んで、境にさし、座を立って肴を与えた。
境は「かねてこの時斬ろう」と企んでいたが、その威におされたか、手出しできずに座に帰ってしまった。
しかし「この時を過ぎては叶わじ」と思い、短刀を抜き飛びかかり、梅北を刺殺した。

その場にあった者たちは手々に刀を抜き放ち境に斬ってかかろうとしたところを、境は目をいからし
声を励まし

「汝等狂せりや!?梅北は賊である。彼に属するのが本意であるのか?
私と心を同じうして、彼が与党を討てば、清正はお前たちの咎を宥し、これまでの非を改め、
むしろ賊を討つの功を賞せられるだろう。
これを拒否すれば、秀吉が汝等の三族を梟首とするのに数日とかからないだろう。
汝等は、わきまえないのか!?」

これを聞いて、皆境に同意し、北梅の手の者たちが逃げるのを追いかけ切り伏せ、この乱を鎮めた。

境善左衛門の知行はそれまで二百石であったが、清正は後に十倍の二千石を与えた。

(武将感状記)



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    暴れるなら他所に来ないで薩摩の中で暴れてくださいよー

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    ブーメランすぎるw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    賊に属するのが本意であるのか?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    秀吉の九州仕置きによって引き起こされた薩摩の財政難に対する不満の具現化だから、
    薩摩国内で暴れろって言われても・・・。
    しかもこのとき、憎き秀吉は肥前名護屋城という目と鼻の先に居る訳だし。

    また、薩摩側では梅北の同調者はほとんどいなかったと思われる反面、肥後の土着の者たちは
    まだ当てに出来た。
    このとき既に、肥後国人一揆により殆どの国人が処刑・転封されているけど、八代には相良が
    島津に降伏した際にその相良支配を離れて島津方になった小豪族による国一揆の「八代談合
    衆中」が残ってたし、また相良の者たちは実は梅北に同情的だったとする記述があって、
    犬童頼安が説き伏せなかったら梅北に付いていた可能性もあった。

    肥後国人には国人一揆の仕置きや太閤検地への憤懣があるだろうとし、まだ統治から日の浅い
    加藤清正・小西行長に対して忠誠も誓ってはないだろうと考えれば糾合できる可能性は薩摩より
    高いと考えるだろう。且つ、肥前の隣国という立地条件を鑑みれば、肥後で決起する方が妥当だよね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    賊が続々www

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    肥後は肥後でも葦北じゃ名護屋は遠くないかい?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    後顧に憂いを残したら挟み打ちにあっちゃうじゃん

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    時まさに動員中の島津をほっとくのは後顧の憂いじゃないんか

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >これを拒否すれば、秀吉が汝等の三族を梟首とするのに数日とかからないだろう。
    汝等は、わきまえないのか!?

    言われてみれば、そ そっすね…

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    ここに馴染んでると、本当にやりかねん、いやもっと短いだろ、とすら思えてしまうのがラスボスクオリティ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    有能は200国取りクラスの家臣も有能

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11803-ce7af3cf
この記事へのトラックバック