FC2ブログ

「天正の楠木」の軍略

2019年03月28日 17:52

753 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/03/27(水) 21:16:37.06 ID:EoGMKe7N
志賀親次は薩摩人が攻め来たるに及んで、向かえ戦い、偽って三度敗走した。
これにより薩人は親次を怯しとして、戦いに及んでも備を整えることなく、ただ競い乗り進み撃つようになった。

ここに於いて親次は、兵を3つに分けて、薩人の攻め来る通路の山間の樹林に伏せさせた。
そしてこのように命じた

「薩人が敗れ逃走する時、一組は前を遮り、一組は中を絶ち、一組は山の半ばに備えて、
鼓を打ち、声を上げ敵の気を奪え。」

一月ほどして薩人は攻め寄せてきた。元より親次を侮っており、深く攻め入り猥りに戦った。
しかし親次は守りを固くして動かず、薩人は攻略することが出来なかった。そして彼らの勇気がたゆむ所を
親次は見て取ると、各所の民家や藪陰より足軽五十三十に、下知人の騎士を加え、方々より打って出た。
親次は静かに旗を進めると、薩人たちまち裏崩れして逃走した。
この所に伏兵起きて前を遮り、薩人はこれに当たろうとすれば、又伏兵起きて中を絶つ。山では鼓を打って
声を上げれば、その響き夥しく、薩人は大いに敗れて、後ろも顧みず散り散りに逃げた。

この戦いで志賀親次は、首級三百八十余りを得たという。

(武将感状記)

「天正の楠木」の軍略



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    よくある

  2. 人間七七四年 | URL | -

    伏兵成功っつーだけ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    みんなえらく厳しいな
    この後圧倒的劣勢の中、裏切りを出さず岡城を守りきるんだから統率力も評価して良いと思うよ
    朝鮮での失態は、通説通りなら小西が独断で和平交渉持ちかけて見事に騙されているのに巻き込まれただけとも言える
    小西が秘密交渉はともかくキチンと諸大名に連絡取っておけばああまで混乱することなかったろう
    勿論罪なしは無理だが、大友だけ改易は流石におかしいわな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    九州の近くに住んでる武将好きからしたら人気の人ですよね。僕も好きですけど。
    長生きして最後は長州で亡くなったはずです。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >みんなえらく厳しいな
    戦ったこともないくせにな。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ついでに戦を見たこともない奴らw

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※1※2は平成の楠木

  8. 人間七七四年 | URL | -

    薩人マシーン「釣り野伏せに釣られたでごわす」

  9. 人間七七四年 | URL | j7kPgX2Q

    秀吉が仙石に望んでいたこと

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11843-048b21c5
この記事へのトラックバック