FC2ブログ

大内とは 目出度き名字 今知れり

2019年04月03日 18:04

769 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/03(水) 13:51:06.14 ID:5i1rn27A
大内多々良の義隆は、防州山口、鴻ノ峰の御館を普請し、並びに新造に屋形を輝くばかりに磨きたて、
北の方(室町殿物語は持明院基規娘とする。万里小路秀房娘の誤認か)を移し参らせ、築山の御前と
号してかしずいた。

しかし姫君は都を恋しく思い、事の折に触れては言い出されたため、義隆は「ならば当初に都を移そう」と、
一条から九条までの条里を割り、四カ国の大身、小身の屋形を、いからを並べて造った。京、堺、博多の
商人たちも、軒を争い続けて店舗を建築した。大内領国の諸侍は、朝暮に出仕を遂げ、彼らがこれを
大切にすること記すにいとまあらず。

それだけではなく、諸門跡をはじめ、公卿、殿上人、又は五山の惟高和尚達を請待し、ある時は和歌、管弦の
遊び、またある時は詩、連句の会を朝夕の業とし、その他京都、南都(奈良)よりも申楽の名人を
呼び下し、能芸を尽くさせ、さらには茶の湯を催し、和漢の珍器を求めて弄んだ。

さるほどに、国々より諸商人が山口へ到来して、毎日のように市町が立った。されば防州には時ならぬ
春が来て、山口は「花の都」と唱えられた。

この当時の京都は廃れ果てており、山口の繁栄に及ぶべくもなく、であれば山口の一条の辻に、いかなる人の
手によるものであろうか、このような札が立った。「九重の天こゝにあり」として

 大内とは 目出度き名字 今知れり
         裏の字略せし 大内裏とは

(室町殿物語)

大内義隆の時代の、山口の繁栄の様子。



770 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/03(水) 13:55:12.43 ID:xCkas3Ae
文化方面に行く人は……ね
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    多々良と言う姓に陶と鋳銭司と言う地名
    山口市は火にまつわる姓や地名が多いけど、その辺は何かあるんだろうか?鋳銭司は大体想像付くけど。

    大内氏自体は元々秦氏の末裔を名乗ってたと聞くけど、やはり製鉄関係?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    間違えた。秦氏じゃなくて百済の王族だった

  3. 人間七七四年 | URL | -

    いや自称しているだけで土着の豪族

  4. 人間七七四年 | URL | -

    まぁ、何百年も前の祖先を詐称するのは自由だよなぁ。
    後に征夷大将軍となる某家もやってるくらいだし

  5. 人間七七四年 | URL | -

    徳川の場合、詐称と言うより家康当人が源氏だと信じてたようだからな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    そんなオオウチも一夜にしてアウチになるのが戦国の怖いところ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※1

    在庁官人の名字(姓)は基本的に役職名だから山口(周防)の製鉄関係の惣領だったのは間違いないだろうな。多々良浜が由来って言い張ってるらしいけど、その多々良浜自体が製鉄で栄えた地だし。

    ※3
    先祖が王族ってのは盛りすぎかもしれんが、土地的に渡来人系ってのは嘘じゃないかもしれん。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ああいう移民がきても開拓している土地にすめるわけがないから、山奥の開拓にいかされるか、
    関東東北の開拓にいかされるのが世の常
    アメリカの西部開拓でも移民が最初につくのは東部海岸だけど既存の土地は先住者が独占してるから空きがないので後からきた連中がおくられた

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    新規の技能さえあれば、その土地に迎え入れられるぞ。
    既存の技術しか持たない移民だったら地元民でシェアがいっぱいだからフロンティアに送られるけど。
    アメリカの北東部が20世紀初頭までずっと他の地域に対して技術優位を保ってたのはそこら辺が原因だし。

  10. 人間七七四年 | URL | j7kPgX2Q

    まあ在庁官人以前が分からんから琳聖太子なる人物をぶち上げられたとも言える

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11854-3dc96d61
この記事へのトラックバック