FC2ブログ

【ニュース】狸に化かされる宴席料理「狸食(たぬくい)」を現代に復活 兵庫・夢前町

2019年04月05日 16:44

771 名前:人間七七四年[] 投稿日:2019/04/04(木) 19:38:39.54 ID:N2pt8JwE
狸に化かされる宴席料理「狸食(たぬくい)」を現代に復活 兵庫・夢前町


歴史ファンならたまらない戦国時代の宴席料理や、“100年前の日本酒”を現代に蘇らせたい-。兵庫県姫路市の北部にある夢前(ゆめさき)町の人たちが立ち上げた「夢前ゆめ街道づくり実行委員会」が、
歴史と食をテーマとした町おこしに挑んでいる。今月中旬には、大阪の都心、グランフロント大阪でイベントを開き、人々の「田舎愛」を呼び起こすべくアピールしている。
(文・木村郁子/写真・渡部恭晃)

今ものどかな里山の風景が広がる夢前町だが、一方で平成27年には中国自動車道の夢前インターチェンジが開通し、交通の便はよくなっている。
実行委員会は、同町で農業や食品加工業、旅館業に携わる人たちが発足させた組織で、地域活性プロジェクトに取り組んでいる。

実行委がまず“目をつけた”のが、戦国期に播磨・備前・美作(みまさか)の守護として勢力を誇った赤松氏の存在。弘治元(1555)年、赤松氏の居城置塩(おじお)城で、城主赤松義祐(よしすけ)が飾西(しきさい)郡の領主、
才伊三郎を招いて開いた宴席の際に出されたという料理「狸食(たぬくい)」だ。

一見すると、ただ白いご飯が入っただけの茶碗(ちゃわん)と、すまし汁。本当に宴席で出された料理なのか?と思いながらご飯を割ると中からコンニャクや大根、高野豆腐、ゴボウなどが顔をのぞかせる。
これに薬味とともにすまし汁(だし)をかけて味わうというものだ。

狸に化かされたような心地で食べると、中から総菜が出てくることから「狸食」。
ただし、「当時の趣を残したままシイタケやするめ、鯛など11種の食材をそれぞれに味付けして隠した『現代版狸食』です」と、当時の文献を発見し、再現のきっかけをつくった上山旅館の社長、上山洋一郎さん。
最も苦労したのは味付けだったという。室町時代の調味料といえば味噌か塩。醤油やみりんはまだ生まれておらず、熟考の末、味わい深い藻塩を使った。

どうやって食べればいいのか。「当時の白米は贅沢品。米のおいしさを味わい、次は具材と一緒に。ネギや糸唐辛子などの薬味をのせて。そして最後はだしをかけて、お茶漬けのように召し上がってください」と上山さんが教えてくれた。
ひつまぶしのように、食べ進むごとにしみじみと味わいが変化する。

当時、赤松氏が客を喜ばせようと料理人と考えたサプライズ。おもてなしの心に触れた思いだ。

また宴会では、日本最古の玉子料理、茶碗蒸しの元祖とも称される「玉子ふわふわ」も出されており、姫路城の前にある玉子かけご飯専門店「たまごや」が「玉子ふわふわ」を再現している。

このほか、大正から昭和初期に最も酒造りに使われていた酒米を復活させ、当時の酵母菌とともに、100年前の酒造りを行う計画も進んでいる。

「狸食」は上山旅館などの3施設で、「玉子ふわふわ」はたまごやでそれぞれ4月1日から提供される。

産経ニュース 
https://www.sankei.com/life/news/190401/lif1904010033-n1.html



772 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/04(木) 20:12:23.34 ID:Q72BmYRS
当時の酵母菌って、環境が変わっていてさすがに無理なんじゃ?

773 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/04(木) 20:39:47.63 ID:ST5/m4p6
>>771
あの時代に面白い料理作ってるなぁw

774 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/04(木) 20:42:54.23 ID:ZkmWDAT/
政宗「負けてはおられぬ」

775 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/04(木) 21:09:08.70 ID:d/6aBWHj
1号酵母やろ。最近再出荷されてるとどっかで見た

776 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/04(木) 21:56:10.43 ID:1yKT1tPK
100年前の日本酒はかなり辛いし濃いぞ、心して飲むべし。
https://i.imgur.com/GXKZtTo.png
https://i.imgur.com/MT8mDLP.png


ちなみに日本酒の味は元禄時代に甘さのピークを迎えて
そこからだんだん辛口化が進み、幕末~明治にかけて最も辛口になり
以降は甘辛を行き来しつつ、今は中庸に落ち着いている、といった感じらしい。

777 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/05(金) 03:48:30.33 ID:5B+InzBl
櫻正宗の焼稀ってやつか
料理は辛口を使うけど個人的嗜好は真逆の日本酒度-30くらいの甘ったるいやつかな
あと猫正宗はちょっと呑んでみたい
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >ネギや糸唐辛子などの薬味をのせて
    糸唐辛子が当時あったかどうかは微妙な気もするが
    まあ塩や白米にまで拘ってるくらいだから当然調べてるよな…?

  2. 人間七七四年 | URL | paD8j7Yc

    播州置塩夜話(元ネタ)
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-8230.html

    酒量が・・・。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    石田三成「狸食(家康)」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    やっぱり当時の味付けってしょっぱいor塩辛い系なんだね

    >>776
    現代だと調味料としての向きが強い味醂が、当時はお酒として普通に飲まれている位だから
    甘いお酒も抵抗はないでしょうね
    近代でも味醂が見直されて健康の為に飲みましょうって動きもあるしね<マンジョウのお勧め

  5. 人間七七四年 | URL | -

    上杉謙信も塩分を取り過ぎてな...

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11857-16182641
この記事へのトラックバック