FC2ブログ

義昭公の御果報のほどこそ

2019年04月18日 16:17

874 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/18(木) 07:15:51.40 ID:nuv0nMir
足利義昭公は「どうしてもこの信長を滅ぼさねば、公方の家は成り立ち難い」と思し召され、江州の
佐々木(六角)承禎、浅井備前守(長政)などと語らうと、彼らは即時に同心したため、「何時なりとも、
出陣に於いてはあらかじめ内意を聞かせる。」と申し下した。こうして両人は加勢を催し、昼夜暇なく
信長に対する敵対行動を行った。これに拠って義昭公は心強くなられ、いよいよ信長との一戦を決意した。

こうして義昭公は、御領分の人数ならびに京勢を加えて、四千騎ばかりにて都を立たせ給い、山田、
矢橋、志賀、唐崎、比良、小松、和邇、堅田などの漁船を奪い取り、数百艘にうち乗り、これにてすぐに
安土へと発向すると聞こえた。

この情報に信長は驚き、「忠が不忠になるとはこの事ではないか。しかし今日このごろの公方の御身で、
この信長を倒すなどというのは、まさに蟷螂の斧であり身の程を知らない。しかしそうは言っても、
佐々木、浅井が手を合わせるのなら、(比叡山の)山法師たちもこれに加わることにも成るだろう。
万が一公方に多勢が付いては大変である。ならばすぐに打ち立ち追い散らさん。」
そして三万余にて馳せ上り、公方勢を散々に蹴散らし、公方勢が接収した船共も悉く元通りに繋がせ、
義昭公も都へ移し、そこに警護を数多付けられた。

信長は帰陣してつらつら案ずるに「とかくこの君を都に置いていては、私の出世の妨げと成る。」と思われ、
堺に下して或る寺に追い籠め奉り、番を堅く付けて置かれた。義昭公の御果報のほどこそ、おもいやられて
あわれである。

(室町殿物語)



880 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/18(木) 11:25:29.89 ID:hrCSpIgA
>忠が不忠になるとはこの事ではないか

将軍をナチュラルに家臣扱いしててくっそ笑うw

882 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/18(木) 11:41:45.66 ID:/+XOGeZR
公方謀反とか主上御謀反とか
謀反とはなんぞや

883 名前:人間七七四年[] 投稿日:2019/04/18(木) 11:44:02.74 ID:8GdWClx3
>>882
後鳥羽上皇「せやせや」

884 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/18(木) 11:57:13.59 ID:LDmTFWvv
>>880
忠誠を尽くしてきたのに、将軍に裏切られたってことだと思うよ

885 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/18(木) 12:42:16.48 ID:QnIcR7fO
>>882
既存の秩序体制を乱す行為
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    義昭がウキウキで信長を父親扱いしたんだから(信長⇒義昭の)忠が(義昭⇒信長への)不忠になるって表現はぴったりだと思う
    どうせなら最後まで卑屈を貫き通せばよかったのに

  2. 人間七七四年 | URL | -

    信長からすれば恩を仇で返されたような心境だろうな

    最近だと義昭が信長を裏切ったのは信玄上洛あたりとされてるし

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    関係文書の年次比定が変わっちゃったからね
    武田信玄の元亀2年徳川領侵攻が無くなったり上洛説自体が否定されたりと武田氏研究の進展が著しい

  4. 人間七七四年 | URL | -

    やたら影が薄い義昭の前の主君の斯波義銀くんとも同じような展開になってるけど義銀義昭がプライド高すぎたのか信長が独善的だったのか
    まあ両方かな?
    ただ義昭に関しては一方的な下克上というより義昭側も相当ワガママだったって見方はあるみたいね

  5. 人間七七四年 | URL | -

    苦労してる時は誰にでも頭下げてすがるけど助けてもらったらそれが当然と思って傲慢になる
    そういう人間は今でもいる

  6. 人間七七四年 | URL | -

    仮にも将軍なんだから自分にとって邪魔な奴がいたら排除したいと思うのは当然
    兄と同じくそれがヘタクソだったのが悪い
    まぁ生き残っただけマシだが

  7. 人間七七四年 | URL | -

    「チューとかフチューとかネズミかいな、それより漁船返してくれんかのう…」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    朝廷 なんかあいつ勝手なことしてるから懲らしめてくれ
    信長 わかりました

    実際はこんな感じだったらしいが

  9. 人間七七四年 | URL | -

    信長「義昭公の御阿呆のほどこそ、おもいやられてあわれである」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    チュー が ブッチュー
    になったんだな。愛憎って怖いね

  11. 人間七七四年 | URL | -

    自分の置かれている立場も弁えずに勝手な行動しようとして、諌められたらキレた挙句に
    方々の大名へ討ち果たせと檄文送る行為は、恩知らずと取られて当然

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    まて
    愛がヤバいほうに深まってるぞ

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    大内義隆「詳しく」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11880-c75bee32
この記事へのトラックバック