FC2ブログ

豊国大明神石灯籠

2019年05月02日 17:58

958 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/02(木) 10:11:07.14 ID:iLBBhkOz
前の(方広寺)大仏殿縁起の中に、堂前に建てられている石灯籠には、列国大小名の姓名を刻し、鋪石
ならびに正面石塔の大石には、諸侯の紋所、又はその石が産出された場所の名を記されたと書かれているが、
これについてはどういうわけか、先ごろ私(松浦静山)も、これについて、私の祖先が献納した燈も
きっと有るだろうと思い、京都に家来が居たため、これに命じてこの事を書記してくるように申し遣わした所、
その返答によると、この事については何とも分明ならぬというものであった。

その中、大野氏の名はその中にあり、かつ豊国大明神へ寄付された石灯籠について、その当時これを
請け負ったと言い伝えの残る旧家の者などあり、その中で当時の帳面に記録が残っている者もあった。
非常に珍しい珍しいものなので写して贈らせた。こう言ったものも現在では分かり難いものであるが、
以下に綴る。

また現在石灯籠に諸氏称号等が無いのは、御当家(徳川)の時代に成ってから、それが忌み憚るためか、
これを削り去ったのだと疑う者も居るという。

豊国大明神石灯籠の覚写し

二つ 寺澤志摩守殿 二つ 羽柴肥前守殿 一つ あいは殿 一つ 木民部殿 一つ 伊藤石見守殿
二つ 京極修理殿 一つ 藤堂佐渡殿 一つ 青木右京殿 二つ 堀監物殿 二つ 片桐主膳殿
一つ 二位殿 一つ 伊藤丹後守殿 一つ 三位殿 一つ 堀田図書殿 一つ 速水甲斐殿
一つ 右京太夫殿 一つ 吉田豊後殿 一つ 大角与左衛門殿 二つ 木下法印 一つ 杉原喜左衛門
一つ 木下右衛門太夫殿 一つ 桑山法印 一つ 祐泉 一つ 太田和泉殿 二つ 若狭宰相殿
一つ 大野修理殿 一つ 大蔵卿殿 一つ 佐竹殿 一つ 羽柴美作殿 一つ 加賀国およめ
二つ 田中筑後殿 二つ 堀尾帯刀殿
奥院一つ 片桐市正殿 奥院一つ ?大炊殿 一つ 真野大蔵殿 一つ 羽柴蔵人殿 一つ 大進殿
一つ 安藤宰相殿 内殿一つ 片桐市正殿 内殿一つ 同主膳殿 二つ浅野紀伊守殿 以上五十六

石灯籠別紙に
政所様 一つ 康蔵主(孝蔵主) 一つ 浅野弾正殿 二つ 瑞龍寺殿 一つ 藤堂佐渡殿 一つ
安芸中納言殿 一つ 毛利伊勢守殿 二つ 金森兵部卿法印 一つ 石川千菊殿 一つ

(甲子夜話続編)



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    桑山の名前があるがこの人も不思議な人だよな
    小禄だが賤ヶ岳で佐久間隊の猛攻を退けていたり、かと思ったら秀長の家老になって和歌山城代という重職を担ったり
    千利休の高弟という話があったり、引退したら僧位最高位の法印を名乗ったり分けがわからん
    秀吉配下の5万石以下の武将は大垣城を作った伊藤盛景といい有能そうな功績はあるけど、大名になって10年ほどで改易になった家が多いから詳細がわからない人が多いな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >また現在石灯籠に諸氏称号等が無いのは、御当家(徳川)の時代に成ってから、それが忌み憚るためか、
    これを削り去ったのだと疑う者も居るという。


    ちょっと違うけど、最近だと何かしら犯罪を犯した芸能人の出演作品は放送出来なくなったり、その出番がカットされたり編集されるのと似た様なもので、過度の配慮や忖度みたいな物は今も昔もかわらないんだねぇ…

  3. 人間七七四年 | URL | -

    家康は豊国神社を徹底的に破壊したからね
    死後も庶民から慕われ大勢参拝しているのを嫉妬したんだろう

  4. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉も第六天神社を徹底的に破壊したらしいね。
    自称第六天魔王だった信長の祟りを恐れての行為だったらしい。
    そのせいで関東には珍しくない第六神社が、関西には一つも無いとか。
    まあそもそも関東の神社と関西の神社は成り立ちが違うから仕方ない部分もあるけどね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    お上がやった破壊も当然多いだろうけど中には百姓領民が自発的にやった文化破壊も相当あるんだろうなぁと思う

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※3-4
    ドン引きレベルのファンタジー脳はちょっと...

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    ん?
    ※4はフィクションだろうけど、
    家康が庶民から慕われていた豊国神社を徹底的に破壊したのは史実だよ
    破壊されるまでは広大な敷地に数多くの建物が立ち並び、廟までの道は大名などから寄進された石灯篭が並んでいた
    庶民も大勢参加した豊国祭りの壮大さやは牛一などが残している
    豊国神社の壮麗さとそれを家康が破壊していくさまは、舜旧記に記載されている

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    舜旧記を読めば破壊したなんてギャグだと理解できる筈では?

  9. 人間七七四年 | URL | -

    「加賀国およめ」って誰…

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    舜旧記に参道入口の楼門や石灯篭が悉く破壊されて外苑部は何も残さず破壊された
    おまけに参道も封鎖されて入れないようにされ
    内苑部も調度品は略奪され畳から梵鐘まで奪われた事が記されているよ
    寧々が奉納したものまで奪って行ったからな。マジキチですよ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    *10はほっときなされ
    ああ言えばこう言うし相手にするだけ無駄

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    そういう超解釈してるとトンデモ本レベルの脳になっちゃうよ

  13. 人間七七四年 | URL | -

    だいたいタマのついてる方の司馬のせい(風評被害)

  14. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    ※4
    六天社かあ
    父親の実家の近所にあったなあ
    鮭の黒焼きとか食わされたっけ

  15. 人間七七四年 | URL | -

    とうろうみつかったか

  16. 人間七七四年 | URL | -

    マジか
    豊国神社が破却されたのは司馬遼太郎による創作だったのか

    色んな辞書や観光の紹介まで、それを信じて載せてしまってるとか
    司馬遼太郎の影響力すごすぎだろ

    しかし豊国神社自体までその創作に乗っかってガセを広めてるのは感心しないな
    豊国神社は恥を知れと言いたい

  17. 人間七七四年 | URL | -

    家康に都合の悪い話はみんなねつ造って事にした連中がいるみたいだな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11909-755de3c4
この記事へのトラックバック