FC2ブログ

大阪夏の陣のかっこ悪い記録・悪い話?

2009年02月04日 00:15

237 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 01:13:32 ID:Nq5c0Abk
大坂夏の陣のとき、
結城秀康の次男・松平忠昌は兄・忠直の部隊に属して進軍していた。
すると向こうから念流の左太夫という侍が切りかかってきた。
忠昌は防ぐことができず、慌てて飛び降りる。
主君を守ろうと一人の侍が切りかかるが、さっとかわした左太夫に切り殺されてしまう。
今度は二人が向かってゆくが、二人とも返り討ちにされてしまった。
さらに一人が立ちふさがるが、親指を切られてしまった。
万事休す、忠昌は組み伏せられ首を掻かれる寸前になった!
しかし間一髪、忠昌の家臣の一人が左太夫の尻を突き刺し、
従者五、六人でなんとか左太夫を引き剥がして討ち取ることができたという。

なぜ松平家がこんなかっこ悪い話を記録に残したかは不明である。




238 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/02/03(火) 01:16:22 ID:mZcr0ZUp
>>237
どういう状況で怪我をしたのかも、戦功判断の基準になるからじゃないかな?
現実の戦争はリアリズムのみの世界だから、かっこいい悪いはあまり関係が無いと思う。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1193-25c397e3
    この記事へのトラックバック