FC2ブログ

關八州に鉄炮はしまる事

2019年05月14日 19:24

922 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/14(火) 19:16:58.68 ID:Sf64um2C
關八州に鉄炮はしまる事

これを見たのは昔のことである。相模小田原に玉瀧坊(順愛。松原神社別当職)という年寄りの山伏がいた。
愚老(著者。三浦浄心)が若き頃にその山伏が物語りなされたことには、

「私は関東から毎年大峰へ登った。享禄が始まる年(1528)に和泉の堺へ下ったところ、荒々しい様子で
鳴る物の音がする。これは何事ぞやと問えば、『鉄砲という物が唐国から永正7年(1510)に初めて(日
本に)渡ったのだ』と言って、目当として撃って見せた。

私はこれを見て、さても不思議、奇特な物だと思い、この鉄砲を1挺買って関東へ持って下り、屋形の氏綱公
北条氏綱)へ進上した。氏綱公はこの鉄砲を放たせて御覧になり、『関東に類なき宝である』と秘蔵なされ
ると、近国他国の弓矢に携わる侍はこの由を聞いて、

『これは武家の宝なり。昔、鎮西八郎為朝(源為朝)は大矢束を引いた日本無双の精兵であった。

弓の勢いを試みるために鎧3領を重ねて木の枝に掛け、6重を射通した強弓である。保元の合戦で新院の味方
に八郎1人がいたが、八郎はたちまち多くの者を射殺した。数万騎で攻めたといえども、この矢を恐れて院の
御門を破ることは叶わなかったとかいう話だ。

今も弓はあっても、良き鎧を身に付ければ恐れるに足らず。ところがましてや、かの鉄砲は八郎の弓にも勝る
ことであろう。所帯(財産)に代えても1挺欲しいものだ』

と願われたが、氏康(北条氏康)の時代に堺から国康という鉄砲張りの名人を呼び下しなさった。さてまた、
根来法師の杉坊・二王坊・岸和田などという者が下って関東を駆け回り鉄砲を教えたのだが、今見れば人々は
それぞれ鉄砲を持っているものだ」

と申された。しからばある年に北条氏直公が小田原籠城の時節、敵は堀際まで取り寄り、海上は波間も無く舟
を掛け置き、秀吉公は西に当たる場所に山城を興し、小田原の城を目の下に見て仰せられたことには、

「秀吉は数度の合戦で城攻めをしたといえども、これ程の軍勢を揃えて鉄砲を用意したことは幸いなるかな。
時刻を定めて一同に鉄砲を放たせ、敵味方の鉄砲の程度を御覧ぜん!」

とのことで、敵方(豊臣方)より呼ばわったことには「来たる5月18日の夜、数万挺の鉄砲で総攻めにして
盾も矢倉も残りなく撃ち崩す!」と言った。氏直も関八州の鉄砲をかねてより用意し籠めておいたので、「敵
にも劣るまい。鉄砲比べせん!」と矢狭間1つに鉄砲を3挺ずつ、その間々に大鉄砲を掛け置き、浜手の衆は
舟に向かって海際へ出ると、日が暮れるのを遅しと待った。

そのようなところで18日の暮れ方より鉄砲を放ち始め、敵も味方も一夜の間鉄砲を放てば、天地震動し月の
光も煙に埋もれてただただ暗闇となる。しかしながら、その火の光はあらわれて限りなく見えること万天の星
の如し。氏直は高矢倉に上がりこれを遠見なされて、狂歌を口ずさみなさる。

「地にくだる星か堀辺のほたるかと 見るや我うつ鉄炮の火を」

御前に伺候する人々は申して曰く「御詠吟の如く、敵は堀辺の草むらに蛍火が見え隠れしているかのようです。
城中の鉄砲の光はさながら星月夜に異ならず」と申せば、氏直は格別に微笑みなさった(氏直ゑみをふくませ
給う事なヽめならず)。

まことにその夜の鉄砲に敵味方が耳目を驚かせたことは前代未聞なり。愚老は相模の住人で小田原に籠城した
ので、その節を今のことのように思い出されるのである。

しからば鉄砲が唐国から永正7年に渡ってそれから流行し、慶長19年(1614)までは105年である。
さてまた関八州で鉄砲を放ち始めたことは、享禄元年から今年までの87年以来と聞こえたり。

――『北条五代記』

>>894に関連して北条五代記より鉄砲の記事



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    鳥銃や火縄銃と言ったオリジナルは渡来品だけど、日本の工業生産力って本当昔から凄いんだな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    三河物語だと早雲が三河に攻め込んだ戦いのときに鉄砲が使われたみたいに書いてあるらしいね
    この逸話も含めて仮に事実だとして恐らくは応仁の乱で記録残ってるような火縄銃より古い形式の銃か爆弾なんだろうけど火縄銃の可能性もゼロでは無いよな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    種子島以前から堺に銃があったなら
    種子島伝来以前から銃を作る地盤があったことになるのかな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    種子島の前に中国式の銃は入っていたらしい。ただ中国のは鍛鉄ではなく鋳鉄なので、
    数発も発射すると破裂する代物だった模様

  5. 人間七七四年 | URL | -

    絶体絶命の中笑みを浮かべる氏直の胸中やいかに

  6. 人間七七四年 | URL | -

    鉄砲?坂東武者なら弓矢だろ!ではなく弓なんてイイ鎧で防げるものより鉄砲だろ!なあたりが良いね
    戦争が日常な人たちの価値観って感じ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    十河存保、大友義統や宗麟、北条氏直と話が続くとセンゴクの顔が浮かんでくる

  8. 名無し | URL | -

    センゴクは最新刊がもはや北条五代記だからな
    主人公どこ行った状態

  9. 人間七七四年 | URL | -

    鉄砲張りって鋳造か鍛造どっちなんだろう。
    語感は鍛造ぽいんだが。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ちょっと詳しい方が居られるのなら尋ねてみたいのですが。以前「その時歴史は動いた」内で、北条軍が
    秀吉軍は鉄砲装備がかなり進んでいて驚いた的な話しがあったのですが、これ見る限り関東の諸氏にも鉄砲
    配備が進んでいる様に思えます。

    ちなみに私は太田金山城が地元なのですが、資料館で見る限り篭城用に鉄砲の弾が見つかっているので、
    少なくても後北条時代には鉄砲配備されていた様子なのです。
    関東ってそんなに鉄砲が珍しかったのでしょうか?

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    鉄砲伝来の地を構える島津だって根白坂の戦いの時に
    見たことのない量の弾幕を張られた って驚いているぐらいだし
    中央政権の資金力と製造力が桁違いだったんでしょうね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11934-aec2910f
この記事へのトラックバック