FC2ブログ

信虎公はこの刀で50人余りを

2019年05月17日 17:38

34 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/17(金) 04:23:46.41 ID:w2OiBgOR
(天正2年(1574)。遠江浜松への侵攻後)

勝頼公(武田勝頼)は平山を越え信州伊奈へ御馬を入れた。それから伊奈にて信虎公(武田信虎)は81歳
で勝頼公に御対面なさる。

勝頼公が「甲州へ信虎公を入れ参らせよ」と仰せられたところ、長坂長閑(光堅)が分別致して申されて、

「信虎公はまったく尋常ではない荒大将です。いくつになられても御遠慮なさることはありますまい。その
うえ、逍遙軒(武田信廉)・一条殿(一条信龍)・兵庫殿(河窪信実)・典厩(武田信豊)・穴山殿(穴山
梅雪)、その他御親類衆は多いため、(御親類衆が)御逆心なさるかも分かりません」

との由を申すことにより、信州伊奈での御対面となったのである。

長閑が申したように勝頼公と御対面の座で、信虎公は「勝頼は母方は誰ぞ」と尋ね給う。これを長閑が承り、
「諏訪の頼茂(諏訪頼重)の娘子でいらっしゃいます」と申す。信虎公は少し御機嫌を損ねられて「勝頼は
今年いくつぞ」と御尋ねになった。これを長閑が承り「29歳でございます」と申した。

その後、信虎公は各々侍大将衆を御尋ねになった。昔の親の名字を名乗る者は1人もいなかった。工藤源左
衛門を内藤修理(昌豊)と申し、教来石民部を馬場美濃守(信春)と申し、飯富兵部(虎昌)の弟を山県三
郎兵衛(昌景)と申した。信虎公は高坂弾正のことを御尋ねなされ、「伊沢の春日大隅の息子」と申した。
信虎公は聞こし召して、「百姓を大身にするとは信玄の分別違いである」と仰せられた。

ところで、この機会に武田の御重代(家宝)左文字の御腰物を押板の上に立て置きなさったのは、信虎公が
45歳で甲州を御出になってから37年、81歳の時に御帰参なされて、孫でいらっしゃる勝頼公に御対面
なさるということで武田の重代を御座敷に置きなさったわけで、もっともなことである。

そんなところで信虎公はこの御腰物を抜き給う。信虎公はこの刀で50人余りを御手討ちになさったのだが、
「中でも内藤修理と名乗る奴の兄を袈裟懸けに切ったのだ」と、仰せられた。

その後、信虎公は勝頼公の御顔を御覧なされ、左文字の腰物を御抜き持ちながら「このように!(切った)」
となされた。座中はことごとく凍りつき、目も当てられぬ模様であった。

そんな中で小笠原慶庵は心の剛なる人である故、「このようなついでに聞き及んでいる武田の御重代を拝み
申したい」と申されて、信虎公の御側へ参った。そして勝頼公の間へ入って御腰物を無理に奪い取り、鞘に
納め戴いて長閑に渡した。

信玄公は御相手に小笠原慶庵を頼もしく思し召し、御話相手になされた。大勢の中で慶庵を大事のところへ
と召し連れなされたのは、このような人と慶庵を御目利なされたからである。信玄公を諸人が尊び奉るのは
もっともなことである。

その後、やがて勝頼公は甲府へ御帰りになったが、信虎公は伊奈に差し置きなされたのは長坂長閑の分別が
良き故なり。そして信虎公はやがて御他界なされたのである。

――『甲陽軍鑑』



35 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/17(金) 07:41:32.52 ID:EMUiFFNb
>>34
信虎がやばすぎて草、そら追放されますわ

36 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/17(金) 09:29:42.79 ID:tI1C2xsG
(誰だよこんなの呼び戻してきた奴・・・)

37 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/17(金) 09:54:21.30 ID:vPXWVMD0
てか信虎長生きだな

38 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/17(金) 10:35:18.75 ID:nH85bSJc
(だからやばいって言ったやん・・・)

39 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/17(金) 10:35:53.50 ID:3JPX1a4D
「内藤修理の兄貴をこの刀で袈裟がけに斬ったんじゃ~」というのは、80過ぎてボケていたからと思いたい…。

40 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/17(金) 13:58:13.33 ID:viLJ6jis
>>39
ボケてるんならそういう雰囲気にならなきゃそんな事するわけないし、それでも当主の勝頼に向けてやるはずがない

41 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/17(金) 23:29:12.88 ID:LonsrQcf
こりゃ牛馬畜類まで愁悩しますわ

42 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/18(土) 05:45:56.56 ID:GNN10F73
甲州軍鑑でも、こういうところでは創作しないで当時あった逸話を拾ってきているだろうしなぁ…
そりゃ、一族重臣総出で追放するわな。

43 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/18(土) 07:56:39.50 ID:4ffkuKZb
>>34
>信虎公はまったく尋常ではない荒大将です。いくつになられても御遠慮なさることはありますまい。
しっかり想定されててしかもその通りなのが凄いw

44 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/18(土) 15:03:48.62 ID:kgdWSgPA
完全にサイコパス
しかも殺しまくりのヤバい方
正体を隠そうともしないし

58 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/24(金) 10:14:54.39 ID:hDnie7Gp
>>34
珍しく長閑を褒めてるね
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    腫物扱いだけど無下にはできない爺さんの扱いって感じは現代と大して変わらなくて笑う

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ヤバいというよりなんか物悲しい

  3. 人間七七四年 | URL | -

    本当に遠慮の無い爺様だ…

    その寿命を20年ばかし息子に分けてやれば良かったのに…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    出てくるアイテムこそ物騒だけどいつの時代も爺さんと孫のやり取りは似たようなもんだな。

  5. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    やっぱり義昭の意向で戻ってきたんかね

  6. 人間七七四年 | URL | -

    やばいじいさんだが頼もしい

  7. 人間七七四年 | URL | -

    珍しく長坂が褒められておる

  8. 人間七七四年 | URL | -

    81歳にもなった爺さんが大昔の残酷な出来事を自慢げに話して聞かせるって状況がやばいと感じる
    でもそんな爺さんにどこか悲しさも感じてしまったよ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ????「俺の歌仙兼定よりも斬ってるじゃねーか」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9殿
    だからといって、沢山切って百人一首に
    改名しないでくださいね。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    勝頼が諏訪の血筋と聞いて不機嫌になるのは何かあるのかな

  12. 人間七七四年 | URL | -

    どうだろうね?
    諏訪頼重の正室は信虎の娘(晴信の妹)、信虎は頼重の舅だったわけだが
    勝頼の母は側室の子。悲嘆して早世した娘の事で思うところがあったか、
    自分が描いていた諏訪氏取り込み構想が壊されたことを思い出したのか、
    それとも現状を冷静に見て勝頼の権力地盤の弱さを見て取ったのか。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    勝頼の母を禰々御料人の娘と勘違いして
    「おいおい、晴信のバカ息子、叔父姪婚したのかよ。儂に似ないで、あの鬼畜め」

    とでも思ったのかもしれず

  14. 人間七七四年 | URL | -

    しかし、このサイコ祖父さん妊婦の腹割いて殺したとか言う、追放理由の一つの逸話もマジモンやないかと疑ってしまう…

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    流石にその逸話自体は、典型的な暴君像故創作と思われますが、
    「あの人ならこのぐらいするだろう」という評価なのもまた事実…

  16. 人間七七四年 | URL | -

    孫と話したいのにお前かよすっこんでろ、と思ったのかもしれない

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※13殿
    叔姪婚はその頃は違法じゃないし……

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    島津一族「えっ?」

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※13殿
    伊達一族「えっ?」
    蘆名一族「えっ?」
    長宗我部一族「えっ?」

  20. 人間七七四年 | URL | -

    なにっ

  21. 人間七七四年 | URL | -

    しゃあっ

  22. 人間七七四年 | URL | -

    信虎勝頼の対面にスッと信玄age入れてくるスキの無さ

  23. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    この流れで
    信長の野望で今川家にいた信虎に信玄の娘を娶わせたことあるのを思い出した。

  24. 人間七七四年 | URL | -

    タ・フ読者が混じっているようだな

  25. 人間七七四年 | URL | -

    寡兵でいいから、
    対徳川の最前線に置いてみたかった。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11938-937f2361
この記事へのトラックバック