FC2ブログ

つまり原作者は引用箇所のページ数と書籍名を間違っていて

2019年05月19日 12:29

45 名前:人間七七四年[] 投稿日:2019/05/18(土) 17:52:01.62 ID:Wwgww9Qv
漫画『花の慶次』での有名な場面として、秀吉に謁見した前田慶次が、虎皮の裃や奇矯な袴にわざと横向きにに結った髷で、
顔を横向きに頭を下げて意地を示し、その直後に装束を改めて見事な武士っぷりを見せるというシーン。
作中でも屈指の名場面ですが

「今度は成程くすみたる程に古代に作り、髪をも常に結直し、上下衣服等迄平生に改め・・」

と『可観小説』の一文が引用されていますのはご存知の方も多いかと思います。

ですが実は可観小説にこのような個所は存在しません。

では捏造か?というとそんな訳ではなく、大正時代に前田家が編纂した『加賀藩史料』が原作者・隆慶一郎の元ネタです。
加賀藩史料は古文書や書籍からの引用文を掲載し国史体で編纂されており、慶長10年11月の個所で慶次の略伝として様々な
書籍資料から引用紹介されていますが、このエピソードは加賀藩家老今枝直方の著作『重輯雑談』からのものなんですね。
つまり原作者は引用箇所のページ数と書籍名を間違っていて、それがそのまま漫画に掲載されて世に広まってしまったと。

自戒として、こういうスレに限らず元ネタと引用先は気をつけねばなりませんね。
加賀藩史料は国会図書館デジタルアーカイブでウェブ閲覧できますのでぜひご覧ください。

ちなみに可観小説の著者、加賀藩の儒者青地礼幹は直江兼続の養女(姪)の子孫です。



49 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/20(月) 13:44:26.48 ID:eIFVPv4q
週刊ジャンプであの連載で大人気って、今思うと凄いな

50 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/20(月) 16:08:18.65 ID:6vZU7cQO
>>45
可観小説に書かれたエピソードは、利家を水風呂に入れる話だね。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >青地礼幹
    この人は兄の斉賢(兼山)と共に室鳩巣の門人ですね。
    師鳩巣とのやりとりを兄と共に兼山秘策(兼山麗沢秘策として纏めてます。鳩巣が吉宗の政治顧問していたから、参勤交代の在府短縮と上米の制に関する導入の経緯もよく分かるとか。(因みに吉宗が参勤交代の意味について軽視し過ぎていて、それが鳩巣もヤバいて認識していたけど、一番よく認識していたのが、師匠と上様の遣り取りを聞いていた加賀藩士の礼幹てのが何とも。)

  2. 人間七七四年 | URL | -

    だが、それがいい ニヤッ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    その間違いがいい!読み手の関心を集め歴史好きを増やすため史料を間違える!
    これこそ忠義の歴史好きではござらんか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11941-46567472
この記事へのトラックバック