FC2ブログ

高橋紹運、戦場での昼食・いい話

2009年02月04日 00:19

233 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/02/03(火) 20:58:30 ID:IZz/aiUG
戦場での昼食
立花鑑載討伐の時高橋紹運は味方を一ヶ所にまとめた。
紹運の手勢は士卒四十七名、雑兵一〇九人が残っているばかりであった。
「さあ、みんな弁当にしよう」と携帯していた握り飯を取り出した。その握り飯を食べられたのはたったの八名だけだった。
その八名の中に紹運も入っていた。だがいざ握り飯を食べるとたちまちゲロったり喉に詰まらしたりした。
ここで紹運は
「数千の味方も、あるいは手負い、あるいは討死し、ここに集っているのは身分の高下を問うまでもなく、一騎当千のつわもの揃いである。
人が死ぬことほど大なることはない。
男たる者がこれから死ぬかもしれないという時に、飯ぐらい食えないでどうするか。
わしをよく見ていよ」
と言って握り飯を三、四個食べた。
他の者もゲロして場合じゃないと思ったのか急いで食べたと言う。



235 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 21:16:02 ID:PJzg/1b1
立花鑑載の討伐は、秋月家、宗像大宮司も絡んで散々難航したけど、もとはといえば
女たらし大友宗麟の手癖の悪さが原因というのは俗説ですか?


最後は謀殺でしたよね。。

236 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 21:41:32 ID:DnG+9G7X
>>233
ちょっと異なるけど似たような話、宗茂にもない?
小説で知ったから創作かな

237 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/02/03(火) 21:48:23 ID:IZz/aiUG
あと宗茂にも似たような話がある。

朝鮮出兵の時、紹運の息子の立花宗茂は朝鮮・明連合軍の前で握り飯を黙々と食べていたという。家老小野和泉がそれを見て、自分もにぎり飯を口にしたがゲロってしまった。だが宗茂は家臣が自分の目の前でゲロされても悠然と握り飯を食べていたと言う。

238 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 21:58:22 ID:DnG+9G7X
>>237
あーそれそれ!
紹運の方は初めて知ったけど、似たような話があるんてさすが親子と言ったところかねえ

242 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/04(水) 00:26:57 ID:R5zou3cK
>>237

あの小野和泉がゲロを吐くほどの状況下なのに、ケロッとしている宗茂。
やっぱり、カエルの子はカエルか。

281 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/04(水) 18:17:17 ID:u306mFpo
>>237
他人が体力や精神力の限界で飯がのどを通らないのに、宗茂の胆力はすげぇーぜ!
って話なのは分かるんだが、それと貰いゲロしないのはまた別の話な気がするんだが・・・

282 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/04(水) 18:55:46 ID:M7tLJolk
どこかズレてるのが宗茂の魅力だろ

283 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/04(水) 20:30:59 ID:age64yMB
魁!!道雪塾

                    ,r'"´丿ヽ ̄`ヽ、
                 / ,r;:;:、 ⌒   ,ィ;:!
               /  ,イ;:;:;;:;::ゞ、 i ,r;:;:;:,、j
               _」 ,′'´r ェェ-、  j;:イェェ、l、        ΛΛΛΛΛΛΛΛΛΛΛΛΛΛ
             / ゝ,イ j `ヽ`"´.::;;  ト、"´ ヾi     /                      ヽ
             ! ,イl〈〈    ,ィjハノ。 。,j、、,,.  l   < わしが立花宗茂を育てた
                |  Y」 i; ,r'´r-、ニニニ = i! ,/    ヽ                     /
             !  ,'  / ,イ,ゞ-j!ーi!ーl-{ i! |      V^V^V^V^V^V^V^V^V^V^V^V^V´
               ,>,イ  ,!  i/       ,! il,!
            /.:.:/ i .,'  / -‐' "´ ̄ ̄``、ハヽ
           /.:.:/  | ,' /  ‐'´ ̄ ̄``ヽ `j ,!
         _/.:.:.:.:i  l  ゝ、_      ,:;' ヽ ー' /ヽ
    _,,,/.:i|.:.:.:.:.:.:|  ゙、        ,:'    /.:.:.:\_
_,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|   `ゝ、. : . : . : . : . : . : ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ___
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    i  ``ー 、.:.:.:.,、-‐,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    l      ̄  //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


284 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/04(水) 21:02:28 ID:KplrV2oh
足に刺さった小さい棘を気にしてたら御守役が近づいてきて…アッー!
ってのも宗茂の逸話だっけか?w

285 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/04(水) 21:05:08 ID:QT0Aa8uw
栗の毬の話か。相手は由井雪下だったかな

286 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/04(水) 21:14:55 ID:hoT8/GRz
>>284
この板以外でそんな書き方したら、まず間違いなく衆道ネタだと思われるぞw

287 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/04(水) 21:22:21 ID:qHZN3Db1
>>285
由布雪下ね。もともと1城の城主だったが、道雪が立花城に赴任する際に、
家督を息子に譲って道雪に仕え、更に自分の俸禄を削って道雪に小野和泉
を召抱えさせたりした人。最後は浪人になった宗茂に付き従って棚倉に行き
86歳で没した。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >>237
    PHP文庫の立花宗茂だったかな確か
    元・明智光秀家臣の天野某が宗茂を試すつもりで握り飯をみんなに渡して
    小野さんも受け取るには受け取ったが食べるのをためらってたところを
    宗茂は3つくらいたいらげた場面があった気がする

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1195-f6f368f3
この記事へのトラックバック