FC2ブログ

アンコールワットに渡ったという森本一房について

2019年05月24日 14:41

61 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/24(金) 11:45:39.91 ID:ISgK1XN7
加藤清正の家臣である森本義太夫(一久)の子(次男)を宇右衛門(一房)という。
牢人の後、宇右衛門は我が天祥公(松浦重信)の時、しばしば伽に出て咄などをしたという。

この人はかつて明国に渡り、そこから天竺に赴いたが、彼の国の境である流沙河を渡る時に
エビを見たが、殊の外大きく数尺に及んでいたと云った。
そこから檀特山に登り、祇園精舎をも見て、この伽藍の様は自ら図記して持ち帰った。(今その
子孫は我が(松浦家)家中にあり、正しくこれを伝えているが、現在有るのは模写だという)

またこの旅の最中、小人国に至り、折節小人が集まって、一石を運んで橋を掛けていたのを
宇右衛門見て、自分一人で石を水に渡したところ、小人たちは大いに喜び、謝礼と思わしき果物を
多く与えられた。これも今に伝わっているが、年を経た故か、現在では梅干しのようになっている。
(また、始めは多く有ったが、人に与えて現在ではわずかに二,三ほどとなっている。)

近頃、ある人によると、この宇右衛門が至った場所はまことの天竺ではなく他の国であるという。
流沙河というのも、これは砂漠のことであり水がある場所ではなく、我が国において普段聞き及んで
いるに任せてそう名付けたのだ。

また山舎の如きも皆異所であろう。彼の国ではああいった類の物はもっと多いはずである。
また小人国というものも南北様々な場所に伝承が有る。この小人国は一体何方のものだろうか。

彼が外域、遥か遠い場所に至った事自体は疑いないが、その当時は世界四大洲の説も未だ知れ渡って
いなかったため、非常に曖昧で分かり難い。

(甲子夜話)

アンコールワットに渡ったという森本一房についての甲子夜話の記事



62 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/24(金) 13:34:27.02 ID:DIUlQ1Gk
>>61
ガリバー旅行記みたいだなw

63 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/24(金) 15:24:00.04 ID:5bhEUb8Y
ガリバー「踏み絵を拒否したら怪しまれた」
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    天竺がインドだとするなら、全然方向違うんだけど。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    森本一房も研究進んで日本に帰ってきて亡くなったの確認できているし、鎖国政策初期は結構緩かったのかな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    森本一房がアンコールワットに行ったのは、寛永9(1632)年で、その翌年寛永10(1633)年には五年以上の海外居留している日本人の帰国禁止で、寛永12(1635)年には東南アジアへの渡航及び帰国禁止だから、かなり際どいタイミングで帰ってこれたのかと。

  4. 人間七七四年 | URL | sSHoJftA

    ミュンヒハウゼン男爵かな?

  5. ※3 | URL | -

    因みにアンコールワットに行って落書き(と言うか仏像奉納して墨書きしたんだが)文章の日付は正月丗日(1月30日)で、その数日前の24日に秀忠が亡くなってます。
    森本一房は加藤清正家臣の子で清正没後の家中の混乱で加藤家を辞して松浦家に仕官してますが、(だから海外渡航出来たし、後の静山さんが書いたのかと。)その渡航中だと思う時に元の仕えていた家が改易ての興味深いかと。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    数尺あるエビ…河村秀定が食べたエビのようにまだでかくなる可能性があるかも知れない

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    おそらくは普通に海路で向かったのを盛ってるだけかと
    そもそも当時の明は国内を日本人が自由にうろつける環境とは思われない
    正規の朝貢使節すら誰がどこにいるか当局が厳格に把握してて自由行動は制限されてたのに

  8. 人間七七四年 | URL | -

    河村さんのエビって これか?

    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3959.html

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11952-a2dea7b0
この記事へのトラックバック