FC2ブログ

先祖の武功他人より聞く

2019年05月28日 17:37

948 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/28(火) 12:00:27.89 ID:yrMa/Tlc
高崎公(高崎藩大河内松平輝延か)の家臣である一人の学者が語った所によると、
「昔我が藩(高崎藩)の家臣に字五平といって長寿の人があり、90あまりで天草陣の事を覚えており、
これを語った」との事だが、その話の中に我が内の者(肥前国平戸藩)の事があったという。

その当時、我が藩に物頭を勤める某という者があり、彼が「今宵、城中より夜討ちを仕掛けてくるだろう。
その時は必ず立ち騒がず、何れも我が陣所の垣ぎわに後ろを向き、敵方を背にして座すべし。
たとえ敵が来たとしてもこれに向かってはならない。また人々の刀の峰3,4寸を残し、その余りを
木綿などにてよくつつみ置くべし。敵来たらば云々」と教え待ち居たるに、果たして敵は夜襲を成したが、
我が兵はその体故に、敵は後ろから近づいて切りかかったが、具足を着ていたためカチカチと云うばかりで
刀は通らず、兵卒たちは構え持っていた刀を肩に担いで、峰に敵を引っ掛け、負い投げに前へ跳ね飛ばした。
夜の事ゆえ敵はそのようなことが起こっているとは解らず、幾人も来て斬り掛かってくるのを、その度に
跳ね飛ばした。敵は来る、我は座して動かざる故、この調子で数十人を討ち取った。

味方の他の軍勢も夜の事であるからその手際見えなかったため、「松浦の手の者は、人礫を投げ打っている」と
沙汰したという。

これは伝聞の実説であるが、私は初めて聞いた。治五平が云っているのは誰の祖先であろうか。
先祖の武功他人より聞く、という俳句が有るが、それはこの事である。

(甲子夜話)



949 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/28(火) 14:54:49.50 ID:O4XdqIp8
夜襲で後ろから攻撃されて物理的精神的に耐えられるものなのか

950 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/28(火) 15:41:41.80 ID:26P+nF0r
>>948
剣豪小説に出てくる奥義みたいで面白いw
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    同士討ちを避けるために動かずに戦ったんだろうな
    鎧を着て座っている人間の急所を狙うのは暗闇じゃ無理だろうし理には適ってると思う
    刀で引っ掛けて前に投げるのはどういう技だったんだろう

  2. 人間七七四年 | URL | -

    待ちガイル

  3. 人間七七四年 | URL | -

    無理だろ、それ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11959-02c9d95f
この記事へのトラックバック