FC2ブログ

薙ぐのではなく突くのが良い

2019年06月03日 18:16

965 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/03(月) 16:00:54.42 ID:1XslYMgI
神祖(徳川家康)が遠州袋井縄手にて御鹿狩りの時、御徒士に伏見彦太夫という者があったが、彼は
三尺あまりの長刀を帯していた。これを見た家康が「その刀はどう使うのだ」と尋ねたところ、
彼は「敵の足を薙ぎ払います」と申し上げた。これに家康は「甲冑をしている敵にはそのようにしては
通じない。鑓にして使うべきだ」と仰せになったという。これは「薙ぐのではなく突くのが良い」という
事である。

(甲子夜話)

関連
逆に刀を抜きにくくするためではないか


966 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/03(月) 19:11:33.23 ID:20dOUEtw
鹿を突くんですか

967 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/03(月) 19:20:04.31 ID:yPPZs8yN
突くんだったら羊がいいぞ by イギリス人水兵


969 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/03(月) 20:54:47.48 ID:rLhGWBlT
御放鷹のおり伏見彦大夫某が三尺五寸の大太刀に、二尺三寸の差添を十文字にさし違ひ、山路を走廻ること平地のこどし。
君(家康)御覧じ、「汝が剛勇比類なし。その太刀抜いて見せよ」と宣ひしかば、
彦大夫直に抜放して二振三ふり打ふりしに、太刀風りんりんとしていとすさまじ。
仰に「汝は尺の延たる刀の利を知るか」とあれば、
「たゞのべかけて敵を一討に仕るばかりにて外に心得候はず」と申せば、
「いやとよ寸の延たる刀は、鎗にあてゝ用ひんが爲なり。向後わすれまじ」と教へ給ひし也。(感状記)

『徳川実紀』引く『諸家感状記』

これだと大太刀は鎗にするのではなく、対鎗用に使うものだと彦太夫に教えてるな
ランツクネヒトのツヴァイヘンダーみたいに槍の柄を切り折るのを想定してると思われる


970 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/03(月) 23:19:39.51 ID:Q+e2+3Zc
>十文字にさし違ひ、

ここが図でみたいな
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    丹羽光重「甲冑をつけてない敵にも突いて使えよ」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    そう考えると薙刀って何のためにあるんだろう?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    薙刀で馬や徒士の脚を薙ぐものと思ってたけど、確かに平安鎌倉の大鎧や胴丸、具足と戦国期の当世具足を比べたら対鉄砲仕様で大幅に進歩して強化されてるから薙ぐ武器より、突く(または叩く)武器の方が効果的だったのかなぁ?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    薙刀も全力で振りかぶったら相当な威力だろう
    狭い場所にひしめき合う足軽には不向きでも侍の得物としてはアリなのでは

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    昔はもっと少人数の戦闘が主でパーソナルスペースが広かったから突くより振り回して薙ぐ斬るのできる薙刀や大太刀のが良かったんじゃないだろうか
    重量と遠心力で鎧の上から打撃を与えつつみたいな感じで
    戦国時代になって集団戦闘が主になってくるとパーソナルスペースが狭くなって振り回せないから突く方が良くなってきて槍や棒に取って代わられたとか

  6. 人間七七四年 | URL | -

    戦国時代には薙刀とか大太刀系の武器は衰退したって一般的に言われるけど当時の外人が日本について書いた史料中心に槍や銃に対しても刀での突撃は有効みたいな描写されてるしね

  7. 人間七七四年 | URL | -

    朝鮮征伐の時も、向こうの記録に、倭人は長く斬れ味鋭い刀を振り回して突っ込んで来るって書かれてるんだっけ。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    この武器の持ち主は自分の武器の使い方も知らずに所有していたのか?
    甲冑相手なら突く方が有効だとは思うし

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    うーん、流石に大刀など手にした事も無いような者が大半であろう現代社会の我々がそれ(前半部)を言うのはどうかな?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    重たい武器を振り回すor振り下ろすって凄く体力も居るし隙も生じやすい。
    だから最初からその目的で作られた物以外は和洋共に突き攻撃が多い。
    この人が払い攻撃を目的にするなら、確かに集団行動には注意が必要だと思う。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ttp://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/758759/2?tocOpened=1

    こちら(89-90頁)によると、ほぼ同じ話だけど元々禄が無かったぽいけど、最後に500石の村を任された事になってるね。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※9殿
    それこそ今ここで言ってもどうしようもない疑問じゃない?

  13. 人間七七四年 | URL | -

    でっかい武器をブルンブルン振り回せるシチュって単騎突撃か逃げ遅れ以外ないよなあ…
    どっちにしても戦術行動としては落第点やないかな

  14. 人間七七四年 | URL | -

    朝倉家「ウチの真柄がバカみたいじゃないですか」

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    氏家「ウチの殿がバカみたいじゃないですか」
    (´;ω:`)「」

  16. 人間七七四年 | URL | -

    この話の一番古い元ネタは多分武将感状記

  17. 人間七七四年 | URL | -

    単騎突撃で戦術を打ち破るバカみたいに強い奴が豪の者とか陸戦型モンスターなんだから真柄はそれでいいんだ
    こういう縛られない奴がいなきゃ戦の勝敗はつかない
    鮭様は知らん

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※17
    (´;ω:`)「」

  19. 人間七七四年 | URL | -

    義姫「ウチの兄は馬鹿だから仕方がない」

  20. 人間七七四年 | URL | -

    鮭様は脳筋且つ謀将という一見矛盾する属性を兼ね備えておられるので…

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ※9は他人に太刀を持って無い現代人云々で的な事発言しておきながら他人にはその答えを求めるの?
    凄い感性だなw

  22. 人間七七四年 | URL | -

    >>21
    人が見なくなった頃を見計らって書き込みに来たの?

  23. 人間七七四年 | URL | -

    みんなが最初から熟練者でもあるまいに
    初めてその武器を持ってみた、色んな武器を試してる、みたいなときに
    上級者から「それ使うときはこうした方がいい」とアドバイスを受けて
    何か不自然なのか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11975-9d4cbc65
この記事へのトラックバック