FC2ブログ

大阪城開かずの間

2019年06月07日 16:28

121 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/06(木) 20:49:45.58 ID:ePlAaJVM
大坂の御城内、御城代の居所の中に、明かずの間というものがあるそうだ。それは大きな廊下の側にあるという。
ここは(大阪夏の陣による)5月落城の時から閉じたままにて、今まで一度も開いたことがないといい、
代々のことであるので、もし戸に損じた所があれば板でこれを補い、開かぬようにと成し置いていた。

ここは落城の時、宮中婦女の生害した場所と云われ、そういった由来の故か、今なおその幽魂が残って、
ここに入る者があれば必ず変異災いを成すという。また、その部屋の前の廊下で寝る者があっても、また変異の
事に逢うという。

観世新九郎の弟宗三郎、その家技の事によって、稲葉丹州が御城代の時これに従って大阪城に入った。
ある日、丹州の宴席に侍って飲酒し、覚えずかの廊下で酔臥した。

翌日、丹州が彼に問うた「昨夜怪しいことはなかったか?」宗三郎が、そういう覚えはない事を答えると、
丹州曰く「ならば良し、ここはもし臥す者があると、かくかくの変がある。汝は元来この事を知らず、
よって冥霊も免す所あったのだろう。」
これを聞いて宗三郎は初めて怖れ、戦慄居るところを知らずという。

またこの宗三郎が語る所によれば、天気快晴の時、かの部屋の戸の隙間から覗い見ると、その奥に
蚊帳と思しきものが、半ば外れ、なかば鈎にかかっているのがほのかに見えた。また半挿(湯水を注ぐための器)
のようなもの、その他の器物などが取り散らしている体に見えた。であるが数年久しく陰閉の場所故、
ただその状況を察するのみであると、いかにも身の毛もよだつ様子で話した。

また聞いた話では、とある御城代某候がここをその威権を以て開いたことが有ったが、忽ち狂を発せられ
それを止めたという。誰のことであろうか。

この事を林氏(林述斎か)に話した所、彼は大笑いして
「今の大阪城は豊臣氏の時代のものではなく、元和偃武のあとに築き改められたもので、まして家屋のたぐいは
勿論みな後世のものです。総じて世の中には、そういった実説らしい作り話が多いものです。その御城代という
人も、旧事の詮索がないばかりに、斉東野人(物を知らない田舎者)の語を信じたというのは、まったく
気の毒千万です。」と言っていた。

林氏の説はまた勿論なのだが、世の中には意外の実跡というものもあり、また暗記の言は的證とも成し難い
もので、故にここに両端を叩いて後の確定を待つ。

(甲子夜話)



122 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/06(木) 21:51:35.32 ID:48Km5ZhF
>>121
面白いwいつの時代も人間は変わらんなぁ。

123 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/06(木) 22:49:04.93 ID:5yCAa8rV
林氏「なんだこれ、創作乙ww」
松浦静山「いや、でもこれ本当の話かもしれんよ?」

戦国ちょっといい悪い話スレ・まとめブログみたいなw

124 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/06(木) 23:33:00.37 ID:hBrP2F1J
火薬で鉄砲撃つ時代に何言ってんだと思うが当時の人的にはそうなんだな

125 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/07(金) 07:45:07.39 ID:fzkd+7XF
>>123
そういうやり取りがこうして>>121残ってるのもまた良いなぁ

>>124
電灯もない時代は今よりずっと夜が怖くて不気味だったろうし、いろいろ違うんだろうね

126 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/07(金) 08:12:05.47 ID:AktD/lec
>>125
肝試しに行って背後の気配に振り返り打ちかかって逃げる
翌朝になって確かめると地蔵だったなんて定番だし

今日の明け方、パンパンパンと濡れタオルを広げるような音をさせながら何かが近づいてきて俺の布団に潜り込んだところで目が覚めた
金縛りにもならんかったし普通の夢なんだろうけど、近づかれているときはちょっと怖かったなあ

127 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/07(金) 12:45:53.27 ID:6P9hJ6Th
現代の学校や廃墟ですらみんなキャッキャ言ってるのに、大坂城という実績ありの場所じゃしょうがない

128 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/07(金) 14:29:58.48 ID:8rE4HOLf
国会議事堂でもあるのかな
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    こいつら仲良さそうと思ったら甲子夜話って林述斎の勧めで書いてるのね

  2. 人間七七四年 | URL | -

    大阪城には地下に血縄縛りの門と言うのが有ってだな…

  3. 人間七七四年 | URL | -

    物の怪には家に付くタイプと土地に付くタイプがいるからな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    述斎さんは静山さんの儒学の師だからねえ。
    でもこんな事言っている述斎さんも慶安の御触書やらかしている(意図的にやっていたかも)からなあ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    当時小物臭溢れてたフェニックスがまさかあんな別人みたいなキャラになると誰が予想しただろうか

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >>5
    勝って欲しかったけどなぁ…

  7. 人間七七四年 | URL | -

    唐突にキン肉マンでワロタwww
    ならフェニックス繋がりで天庵様が何時かTVやゲームで声が付く暁には、池水さんにお願いしようw

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7

    脳キンマンスーパーフェニックス→小田氏治
    脳キンマンゼブラ→黒田長政
    脳キンマンソルジャー→最上義光
    脳キンマンビッグボディ→真柄直隆
    脳キンマンマリポーサ→大久保忠教

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    主役の無印脳キンマンは?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    政治1太郎さんでいいんじゃないかな

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    ソルジャーはアタル兄さん?
    それともあんまりといえばあんまりな形で死亡確定したソルジャーマン?

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    脳キンマンなのに冷静で的確な判断力を持つ鮭様はアタル兄さんしかあるまい!

  13. 人間七七四年 | URL | -

    改訂版

    脳キンマン→小島弥太郎
    脳キンマンスーパーフェニックス→小田氏治
    脳キンマンゼブラ→黒田長政
    脳キンマンソルジャー(真)→富田長繁
    脳キンマンソルジャー(偽)→最上義光
    脳キンマンビッグボディ→真柄直隆
    脳キンマンマリポーサ→大久保忠教

  14. 人間七七四年 | URL | -

    宗三郎「酔って寝ちゃった」
    稲葉丹州「なんか変な事無かった?」
    宗三郎「いや別に」
    稲葉丹州「あの部屋オバケ出るんだぜ」
    宗三郎「ヒエェェー超怖い」
    宗三郎「昼間明るいウチにちょっと覗いたろ」
    宗三郎「ヒエェェー、何か色々使いかけ生活用品散らばってて超怖い」

    コイツちょっとヤバイ奴じゃね?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ダメだってわかってるのになぜか近づく洒落怖の主人公感あるね
    しかし建物は変わってもその場所で死んだことには変わりないからやっぱなんか嫌

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11985-fae42f55
この記事へのトラックバック