FC2ブログ

週間ブログ拍手ランキング【06/06~/12】

2019年06月12日 14:35

06/06~/12のブログ拍手ランキングです!


大阪城開かずの間 9

阿波国三好之系図 9

”沙也可”について 8
【雑談】足利義輝謀殺について 8
逆に刀を抜きにくくするためではないか 8

【ニュース】初公開 山形城主・最上義光 直筆の手紙一般公開へ 山形市 6
一季居、耶蘇教、負傷者、煙草、屠牛ニ関スル禁令五ヶ條 5
「信玄公は御在世なり」 5

内藤修理は元来工藤なり 4
龍造寺隆信「佐賀に来い」 4
不死美濃鬼美濃 4
上杉家ノ喫煙ニ関スル令 4
山本勘介と申す大剛の武士と聞く 4

京極高吉の改宗 3
“奥の源四郎” 3
薩摩の王の紋章は、我が十字架と同形の十字 3


今週の1位はこちら!大阪城開かずの間です!
江戸期の大阪城でまことしやかに囁かれていたという豊臣家の亡霊(?)が棲まう開かずの間伝説。松浦静山が書き残して
居たということは、実際にこのような噂があったのでしょう。そういえば大阪城内では、大阪の陣を描いた軍記『難波戦記』も
読んではいけないという話があったとかどうとか。建て替えられたものだと頭では解っていても、場所が場所なのでそこに
在る人々にとって、何かしらの思うところがあったのでしょう。
それにしても林述斎が「歴史を知らないから作り話を信じた」という言葉、現代人にも様々に通じる言葉ですね。

今週は同票でもう一つ!阿波国三好之系図です!
三好家が畿内で活躍するきっかけをつくった三好之長は、調べれば調べるほど相当したたかな武闘派で、なんのかんので
こういうバイタリティを持つ人や家がのし上がるのが戦国時代だよな、なんて思ったりします。かれは京近辺で土一揆の扇動
なんかもして治安を揺るがしていますが、当時の土一揆と足軽はほぼほぼ同じ存在だとされており、三好家はこの時期から
結果的に畿内での潜在的軍事力を扶植していたと考えると、後の歴史の展開もこの基盤の上に有ることが想像できます。
それにしても三好家の歴史は、やはり魅力的ですね。今後三好氏研究がさらに盛り上がることを期待しています。

今週管理人が気になった逸話はこちら!一季居、耶蘇教、負傷者、煙草、屠牛ニ関スル禁令五ヶ條です!
この禁制の内、「一季居」は一季奉公人、つまり臨時雇いの雑用係で、農村などからの流れ者が多かったらしく、このあたりは
「負傷者」についてもそうですが、主に治安関係の法令ですね。「耶蘇教」は言うまでもなくキリシタン禁制に関わるもので、
「煙草」は、この当時は健康のためではなく、主に火災予防の面が強かったと言われます。考えてみれば10数年くらい
前までは、煙草の最大の害といえば、煙ではなく吸い殻の投げ捨てによる火災でした。そして「牛を殺すことの禁止」ですが、
これは「一季居」の禁止にも繋がると思うのですが、当時牛が農村における重要な労働力であり、未だ動けるにもかかわらず
食肉等の理由でこれを殺すのは、労働力を奪うことに等しく、現在で言えば工場の機械なり業務用の車両なりを無駄に
破壊するような感覚があったようです。「一季居」も、農村から労働力を奪うもの、と捕らえられていた向きもあったようです。
レスの中にもありましたが、キリスト教宣教師が牛肉を食することにも強い批判が存在したようですね。ただわざわざ禁制に
入れているということは、そういう事例が少なからず有ったのだということを表して居るとも思います。
法令から当時の社会の有り様を想像してみるのも、非常に面白いですよ!



今週もたくさんの拍手を各逸話にいただきました。いつも有難うございます!
また気に入った逸話がありましたら、そこの拍手ボタンを押してやってくださいね!
(/・ω・)/
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11995-5afd4525
    この記事へのトラックバック