FC2ブログ

伊豆の宗雲が出て小田原を乗っ取った事は

2019年06月13日 15:48

164 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/12(水) 20:16:00.45 ID:h/jQFdtC
一、(前略)この時節、伊豆の宗雲(北条早雲)が出て小田原を乗っ取った事は、明応4年(1495)
  乙卯の歳と承り及んでいる。前代の事であり、しかも他国の事を人の雑談で書き記しているので、
  きっと相違な事ばかり多いのは必定ではあるが、ただこの理究(原注:リクツ)を取って今勝頼公
  御代の比較になさるべし。(中略)

  まことに北条家は弓矢巳の時(盛りの時)と輝き、万事政事よろしいので上杉家の功者どもは「さ
  て危なし」と呟く。しかしながら管領則政公(上杉憲政)には、両出頭人の菅野大膳・上原兵庫が
  これを聞いて申すには、

  「北条宗雲は元来伊豆のいかにも小さき所から出たのであり、その族の氏康が何の深きことがあろ
  うか。伊豆・相模両国を持っても、北条2,3人を合わせた程の大身衆は越後・関東・奥両国(奥
  羽)へかけては、則政公の御旗下に5,6人もおります。

  上杉家に伝わる衆(譜代)にも北条程の者はいそうもないので、蔓延っている以上は則政公が旗を
  出されて、ただ一陣で北条家を誅罰しなされ!」

  との菅野・上原両人の口により、(後略)

一、北条宗雲は古来、伊勢国より乞食を致して(伊勢国より乞食をいたし)駿河今川殿の被官となり、
  今川殿の恩恵をもって伊豆へ移りただ今この如くであるから、元来伊豆の狭き所から出た宗雲の子
  孫は、少しも深き事なく候。

  宗雲の子・北条氏縄(氏綱)は甲斐の武田信虎に大いに争い負け申した。これは駿河あしたか山の
  下、東さほの原での事。その気勢をもって氏縄の手に入れた富士川の北は尽く信虎に取られた。

  この時、興国寺の城主・青池飛騨(青沼飛騨守)は人より先に信虎の被官となるに付き、青池の息
  子・与十郎と申す者を、信虎家中の足軽大将・小幡(小畠)入道日浄と申す侍の婿に、信虎の下知
  をもって仕る。ただ今は駿河の今川義元が信虎の婿になる故、息女の化粧田として信虎より今川殿
  へ渡す。

  これでさえも、父・宗雲が今川の恩恵をもって小田原までも発向したその恩を、子息・氏縄の代に
  なって忘れ、替り目を見合わせて今川の持つものを取ったけれども、氏縄が義理違い申すに付き、
  珍しく回ってこの場所が今川へ帰ったのは、天道より北条家を憎んだのである。(後略)

――『甲陽軍鑑』

165 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/12(水) 20:23:10.63 ID:h/jQFdtC
>>164
北条宗雲は古来~は上杉憲政に家臣が申し上げた五ヶ条からの抜粋です



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    小幡勘兵衛の弟子には北条綱成の曾孫がいるわけだがどうしてこうなった

  2. 人間七七四年 | URL | -

    上杉方のネガキャンが早雲素浪人説の出所なのかもね

  3. 人間七七四年 | URL | -

    憲政「雲ってやがる。早すぎたんだ」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    その発想はなかった

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    信玄は扇谷の婿だったからそれを公式見解として採用してもおかしくないかもな
    謙信のこともずっと長尾呼ばわりだし

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    長尾呼びはしかたないだろ
    上杉だと認めたら謙信の関東管領職を認めたということになるしさ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11999-15e3559a
この記事へのトラックバック