FC2ブログ

給仕の小姓が久太夫の膝に酒をこぼして

2019年06月15日 16:42

18 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/15(土) 16:36:00.28 ID:3D0ngM4y
葉隠、>>15
一つ目:水戸光圀が米俵に腰掛けたら老婆に「殿様に差し上げる米になんとする!」と叩かれた逸話に酷似
二つ目:細川ガラシャの辞世の句に酷似
(ガラシャ死亡時の話も石田軍記によれば~という形で葉隠にはあるが、ガラシャの辞世の句についての記載はなし)
三つ目:石田三成の三献茶の逸話に酷似

以外にも、戦国じゃないけど

鍋島綱茂が部屋住みの頃、松平直矩のところで夜会が催された際、鍋島家に仕える喜多見久太夫という老人も参加し、戦ばなしに花が咲いた。
夜が更けたころ、給仕の小姓が久太夫の膝に酒をこぼして一座興をさまし、小姓は赤面して退出した。
他の小姓がすぐさま久太夫を別室に案内し着替えさせた。
後で確かめたところ、久太夫が漏らしたのを一座のほかの者にわからないよう、小姓が気を利かせたということだった。」

という「徳川家茂が習字の師匠の戸川安清に水差しの水をかけて漏らしたのをごまかした」という話に似ているのもあった。
葉隠が佐賀藩でしか読まれていない頃に登場人物変えて逸話を作ったのか
葉隠が他国の有名な逸話を教訓のために、自国の人物で間に合わせたのか。



19 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/15(土) 20:18:52.66 ID:htHAqd+0
>>18
>水をかけて漏らしたのをごまかした
昔の2ちゃんコピペの、女子生徒が漏らしたのをごまかすために主人公がバケツの水かけて~ってやつの元ネタがこんなに古いとはw

20 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/15(土) 20:23:39.89 ID:ArceekMi
漏らしたことを末代まで語り継がれる老人
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    元就「ウチの嫁(ロリ)は船から池へ飛び込んだぞ」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    こいつは色々勘違いしてるな。

    ・まずこの書物は刊行された書物じゃないので読まれることを想定してない。
     なぜなら常朝が話したことを書き手が書き留めたメモノートみたいなものだから。
     常朝自身の考えを残したものは別に存在する。
    ・この書物が知られるようになったのは幕末で、しかも多くの資料の中の一つとして。
     調べた理由はこの書物が書かれた時代のオフレコトーク集だったから。
     故に血生臭い話から馬鹿話、記憶違いな話まで雑多に存在する。
    ・そもそも鍋島の本家分家、上級家臣等はこの書物をほとんど評価してない。

    日本史世界史問わず史実や実態を知らずにイメージで語る人間が多過ぎる。
    フランス革命以降フランスがずっと共和制だと思ってるくらい馬鹿げてる。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2殿
    元レス投稿者です
    私の誤解を正してくれてありがとうございます

  4. 人間七七四年 | URL | -

    まとめブログでご高説垂れ流したところで…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    家康「ウチの家臣は誰もかばってくれん、、、。」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    その呟きを聞いた三河武士の手で味噌まみれにされる家康

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12004-298c26db
この記事へのトラックバック