FC2ブログ

石田三成の「三献茶」の元ネタがこれ

2019年06月22日 15:05

千利休   
34 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/22(土) 00:16:16.65 ID:5DKbWtYD
利休が法華寺で「喉が渇いているので茶がほしい」と所望された所、新発意(小僧)が大服(量が多い)に
茶をぬるく点てて出した。「非常に良かった、もう一服」と利休が再び所望すると、今度は前より少し熱く、
少し小服にして出した。するとさらに「いま一服」と所望されると、小僧は熱く小服にして出した。

利休は感心して「さてさて、気の利く人だ。彼を私に遣わして下さい、数寄を教えたい。」と言った。
そして点前そのものよりも、心を数寄にすることが肝要だと言って召し使った。
この小僧がのちの、京の喜斎(土屋喜斎)である。

(茶道四祖伝書)

石田三成の「三献茶」の元ネタがこれ



35 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/22(土) 01:01:16.28 ID:RmuGq9nn
何たる小賢しさ。十五か十六でこんな小細工を弄する奴は
何となくひね媚びていかにも器の小さい感じがする。

36 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/22(土) 08:22:16.90 ID:h6DMzvzQ
>>34
近い時代に元ネタあったんだな

37 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/22(土) 09:08:18.69 ID:5DKbWtYD
>>36
出てくる人間の時代は近いけど、三成の三献茶の逸話の初出が1716年の『武将感状記』なので、
お話として改変されたのは『茶道四祖伝書』が出てから7,80年後だな。

38 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/22(土) 10:18:49.11 ID:0AogUSfh
昔の人って平気でパクるよね

39 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/22(土) 11:07:31.24 ID:696jtPWY
まあ、その辺もいい加減だったというかOKな時代なんかな
そもそも読んでる人も限られてるだろうし

40 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/22(土) 11:28:38.53 ID:Hb5MJrxT
>>35
十五歳は成人だぞ

41 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/22(土) 11:38:59.74 ID:5DKbWtYD
>>40
>>35は昔光栄が出した『信長の野望覇王伝・武将FILE』の石田三成評の一部。ぼろっくそで有名

42 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/22(土) 12:10:14.52 ID:Hb5MJrxT
>>41
(TT)

43 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/22(土) 12:25:31.08 ID:h6DMzvzQ
>>37
そんなに時代空いてたんだ、当時なら誰にもバレなかったろうなぁ
むしろそんな前の時代のネタよく引っ張ったもんだ
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この石田治部少三成、全身全穴を持って茶を飲み干さん!(ドロパァ)

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >>43
    板倉勝重「世の中はそんなものだ」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    米1
    だって、前田利家が平気な顔して飲んじゃうだもの。二番煎じじゃあ他人の関心は買えないでしょう!?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    あの茶会のシーンは三成のぶっ飛んだ行動はもとより利家が平然と大谷の後の茶を飲んだのがシビれた
    へうげものの利家のキャラ好きだわー

  5. 人間七七四年 | URL | -

    米4
    利長「でも殴りたい…」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    大谷にはウケてたから無問題

  7. 人間七七四年 | URL | -

    へうげものの利家は底知れない器の大きさを感じる良い描かれ方してたよなぁ。
    それに茶会の一件から器の違いを受け入れてからの精力的な三成もカッコ良かった。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    こういうのを小賢しいっていうのがよくわからないんだよなぁ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    入る切っ掛けには良いけど、KOEIで義務教育を終えるのは危険

  10. 人間七七四年 | URL | -

    >>本スレ35
    仮にも歴史ゲームの人物評価がこんな程度なのか?と思いつつも、信長の野望って人物評価がコロコロ
    変わりすぎる事でも有名だったね。そもそも人物名すらまともに振り仮名ふれられてないし。

    数年前の甲子園でスローボール投げた選手へ「人生舐めてる」とか言った評論家と同じ匂いがする。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    今じゃ考えられないけど、20年くらい前なら石田三成ってかなり嫌われてたよ。
    何かの番組で特集した時もゲストのタレントから散々言われて、締めのコメントも「(嫌そうな顔で)学級委員長みたい!」とかろくなフォローも何も無かったの覚えてる。

  12. 名無しさん | URL | -

    その小僧がのちの石田三成である とすれば万事解決
    三成「なんたる小賢しさ」

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    俺は当時から結構石田三成好きだったけど、捻くれ者だとか歪んでるとか思われそうであんまり大っぴらに三成好きだって言えない雰囲気だったな

  14. 人間七七四年 | URL | -

    自分は別に三成を好きとかではないんだけど
    小賢しいとか言う人は何を求めてるんだろうか

    媚びじゃなくて気遣いだと思うんだけど

  15. 人間七七四年 | URL | -

    軍師官兵衛でも嫌われ役だったな三成

  16. 人間七七四年 | URL | -

    光栄(KOEI)はあくまでもゲームだから…
    ステータスとか鵜呑みして語ってるやつがいて目も当てられない

  17. 人間七七四年 | URL | -

    英雄豪傑が前線で命を削り合ってるのに戦いもせず中央で出世していく小物役人
    みたいな役どころの代表格

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    そんな利家が作中で唯一本心見せたって分かる、高山右近に喝入れる場面も良いよね

  19. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    信長の後期の近習たちは柴田とかを叱責するようなことをしていたらしいけど、やっぱり陰では嫌われていたんだろうか?
    付け届けも常態化していたらしいし

  20. 人間七七四年 | URL | -

    三成も普通に戦場働きしてるんだけどな
    悪名高い唐入りでも文禄の役では2回激戦やって負傷までしてる
    逆にあそこまで中央官僚イメージついてるのは凄い

  21. 人間七七四年 | URL | -

    この前放送されていた関ヶ原の映画、マジで見に行かなくて良かったと思う程出来が悪い。
    出演陣が良いだけに勿体無かった。何もかもぶつ切りで何をメインに据えたかったのかも
    分らないし、何が言いたかったのかも分らなかった。

  22. 人間七七四年 | URL | -

    三成が佞臣で、小賢しく秀吉に取り入って、秀吉への報告で依怙贔屓しまくって諸将の反感を~
    というのは
    江戸時代からずっと言われてきたテンプレなわけで
    江戸時代に三成が悪く言われるのは、まぁ当たり前なわけで

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12018-2f06fa96
この記事へのトラックバック