FC2ブログ

浅井某雲母坂奇怪事

2019年06月26日 16:30

46 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/26(水) 01:54:16.01 ID:qwwjhLOt
浅井某雲母坂奇怪事

さる江州一乱の時、浅井の某という者は落ち武者となって比叡山の雲母坂を下り京へ赴き、
不思議の者に会ったと言われている。

その者は老人と見ればまたにわかに若くなり、若く見えればまた忽然と皺が寄って見えた。
一切人でありながら、分明ならぬ曲者である。

その者が浅井に語るには「其の方の家は必ず末に栄えて貴族の名を得るだろう。頼もしく
覚ゆべし。慎みなくば、また憂いもあることだろう」などと言ったので、浅井某は近くに
寄って語ろうとすると、その者はたちどころに消え消えとなって失せたのだという。

乱れた世には必ず魔障ありと言われることがある。そのような類であろうか。しかしこの
曲者は良きことを申したから、只物ではあらざるべし。

――『塵塚物語』

塵塚物語は天文21年の成立とされているので鈎の陣あたりの出来事でしょうか。



スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12024-4cdd65a2
    この記事へのトラックバック