FC2ブログ

朝鮮から見た秀吉の「唐入」について

2019年07月11日 16:09

宣宗   
241 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/11(木) 11:55:14.96 ID:WC8s2TiO
世宗大王(セジョンデワン)は1450年(世宗32年)2月14日に
同副承旨の鄭而漢(チョン・イハン)にこのような言葉を残した。
崩御3日前だった。結局、これはは遺言になった。
「倭(日本)と野人(女真族)への対応は簡単な問題ではない。
平安に浸っていれば気が緩まないか本当に心配だ。
日々気を引き締めて問題がないようにしなければいけない」

(『世宗実録』)
以下略

ソース 中央日報 
【コラム】無知または無視:韓国の日本対応マニュアル

242 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/11(木) 12:08:12.99 ID:WC8s2TiO
朝鮮王朝実録の宣祖修正実録には、1592年に外敵が侵入した時に
朝鮮がどれくらい無防備だったかが赤裸々に記されている。
外敵は20万人を徴発したが、実録には
「釜山(プサン)で見張りをしていた官吏が最初に来た4百余隻を報告し、
辺将が最初の報告を受けたものだけを根拠にこれを実際の数と見なした」
と記されている。

それで
「敵の船は4百隻にも及ばないが、一隻に乗っている人員が数十人に過ぎず、
その概略を計算すれば約1万人ぐらいになると報告したので、朝廷もそのように考えた」
ということだ。

(中略)

1592年、釜山沖に倭軍が予告もなく攻め込んだわけではなかった。
その前年の1591年、朝鮮通信使に渡した国書を通じて豊臣秀吉は明を打つという考えを知らせた。
「一超直ちに明国へ入り、吾朝の風俗を四百余州に易え、帝都の政化を億万欺年に施すは方寸の中に在り」
と伝えた。明への道の途中に朝鮮があった。

ソース 中央日報
【コラム】1592年と2019年、私たちは変わったのだろうか=韓国(1)

243 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/11(木) 12:09:38.55 ID:WC8s2TiO
豊臣秀吉を直接見ても対策は分かれた。
秀吉を見た通信使の黄允吉(ファン・ユンギル)は朝鮮に戻ると
「必ず兵火があるだろう」と報告したが、
副使の金誠一(キム・ソンイル)は
「そのような情状は見つからなかった」と正反対のことを伝えた。

実録には秀吉を見た2人の官僚の全く異なる印象評価も登場する。
黄允吉は「眼光が輝いていた」としたが、
金誠一は「目がネズミのようだ」と比喩した。

実録には金誠一が朝鮮に戻る途中で
「通過する帰途でさまざまな倭陣で倭将が与える品物を誠一だけは断り受け取らなかった」
と記録した。
倭には何も要求しないという彼の所信だったのかもしれない。
だが、ネズミのようだという秀吉が送った倭軍は、
明の地上軍を碧蹄館(ピョクチェグァン)で撃破した当時の精鋭兵だった。

(中略)

倭軍との戦闘で釜山の辺将・鄭撥(チョンバル)将軍は
矢がすべて尽きると敵の弾丸を受けて戦死した。
東莱(トンネ)府使の宋象賢(ソン・サンヒョン)は抗戦を指揮し、
鎧の上に朝服を着て椅子に座っていたが、結局死んだ。
準備が整っていない戦争で、
現場の指揮官は死を以て倭軍と対抗しなければならなかった。

ソース 中央日報
【コラム】1592年と2019年、私たちは変わったのだろうか=韓国(2)



244 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/11(木) 12:17:22.82 ID:qPa1o5mb
コラム名に笑ってしまった。すまぬ

245 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/11(木) 13:01:05.37 ID:37oiW974
スレがスレだから仕方ないけど逆の立場だったら到底笑えるものではないかと

247 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/11(木) 21:25:57.73 ID:6gXsWriM
油断しまくりだな
隣国の情報くらいちゃんと集められそうなもんだが

251 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/12(金) 16:39:08.37 ID:BhNSOonv
>>247
秀吉が天下統一して朝鮮の使節が来て九州に到着した時、九州で少弐氏が滅んだことを知って
驚いたという記録が残ってる。朝鮮王朝のレベルでは100年位対日情報が滞っていたらしい。

252 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/12(金) 16:44:39.80 ID:MSoPE4K2
当時の朝鮮からするとそれまで戦乱続きだった日本が統一された事の方が異常事態なんじゃね
しかもそれをやったのが下層出身者だという
そんでそいつが明を征服しようと企んでるとか

256 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/13(土) 11:25:34.48 ID:YjWTGmPq
>>251
驚きです
100年はさすがに。

257 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/13(土) 20:59:04.78 ID:A8yxn3Gt
朝廷内は権力闘争の日々、朝廷外は貧困やら倭冦やらでぼろぼろだから日本にかまけてる余裕が無かったのか?
15世紀末だったか16世紀初頭の宗氏の内紛にちょっかい出したのが、秀吉前の日本に関わった最後なのかな?
博多商人とのやり取りで情報は入っていそうな気もするけどね

258 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/13(土) 21:10:06.07 ID:I9aZsBuw
15-17世紀の日朝貿易は偽使の歴史だし
朝鮮に日本が朝貢した体裁を整えればどうでもいい
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >1592年と2019年、私たちは変わったのだろうか
    この時期の李朝は特に日本とは険悪でもないので見誤るのもしゃーない
    殴り返される覚悟もなく殴りかかった現政権の方ががむしろ後退している

  2. 人間七七四年 | URL | -

    北の方が指導者が賢いんだよね…(超小声)

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    何を言ってるんだ君は?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    見張り、居たんだ…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    いや、普通リアルで「こんにちわ、死ね!」をやってくるとは思わないじゃん
    金誠一は結果的に大誤算をもたらしたとはいえ常識的な外交官だったとも言える
    予測も回避も可能だったのに喧嘩売ってきた文在寅よりはまだ同情の余地があるやろ

  6. 774@本舗 | URL | -

    16世紀末の明というのは江南デルタの開発と
    新大陸からの銀の大量流入で爆発的に経済成長した時代。
    当時の朝鮮にとっての脅威は明の密貿易業者が沿岸部で暴れ回ることであって、
    (だから見張りはいて当然。あと前期倭寇が脅威だった時代とも違う)
    まさか日本がそんな明に本気で喧嘩売るとは思わなかったのも無理ないやろ。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    ソース元である中央日報(南朝鮮の主要紙)の記事が※1の言ってるような趣旨なんやで。
    というか、ソースとして引かれてるタイトル読めばそれくらいわかるやろ…

  8. 人間七七四年 | URL | -

    あなるほど
    見張りは商人に備えてたのか

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※5・7
    まず分り難いフリをしてしまったのならすまぬ。
    俺が言いたかったのは「何を今更、いつもの自爆だろ」ってこと言いたかったのよ。
    何を言っても・しても、現実を無視して進めて自爆しても他人のせい
    彼らは自分達に非があるとは精神構造からして思えないからね

  10. 人間七七四年 | URL | -

    李氏朝鮮時代から二派に分かれて政争しているイメージ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    二派のうち片方が勝利を収めるといつの間にか勝った方が分派して政争を始めるという無限プラナリア政治

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12050-97be1b9a
この記事へのトラックバック