FC2ブログ

細川忠興と茶入

2019年07月11日 16:10

240 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/10(水) 21:06:40.96 ID:txMoZn0l
寛永十四年十月五日 吉田御屋敷、三斎様御茶湯、御座敷開き
                辻七右衛門殿、久重、誓願寺永玉、守顕。(茶会記略)

三斎公(細川忠興)が薄茶入を出された時、辻七右衛門殿が「この茶入はなんと言う名でしょうか。」
とお尋ねになった所、三斎公は「吹雪と申します。」と答えられた。

「この茶入の形は三斎様のお好みであると、世間では言われています。」と七右衛門殿が申されると、
「いやいや、これも利休が形を切り出されたものです。しかし最初に私が写したので、世間でそのように
言われているのでしょう。」と答えられた。

三斎公は、唐物茶入を持たずに、瀬戸の山の井肩衝(古田織部が天下一と称賛した古瀬戸肩衝)ばかりを
秘蔵していてもいかがかと思われ、唐物を持った上で、瀬戸を唐物よりも秘蔵すれば良いとして、
古田織部に、彼が所蔵する勢高肩衝(織田信長が所持し、本能寺で罹災した)を所望した。

すると織部は「金子二千枚頂ければ進上いたします」と返答した。三斎公が「肩衝に金子二千枚も出す
取引は聞いたことがない。」と申されると、
「それでは金千枚と、山の井肩衝を残りの千枚分として頂きたい。」と言った。

これに三斎公は
「それは駄目だ、勢高肩衝を所望したのも山の井のためであり、それは出来ない。」
とお答えになったという。

(三斎伝書)



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    三斎「山の井肩衝の前を打つ3番がおらへんな…トレードで勢高肩衝獲るか」
    織部「金銭+山の井肩衝ならええで」
    三斎「4番がおらんくなるやんけ」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    へうげで再生余裕

  3. 人間七七四年 | URL | -

    本当にこの二人仲いいな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    (●д゚)「俺に相談してくれたらな~いい方法知ってたのに」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    でも安国寺肩衝に金子2500枚相当の額払ってるよね

  6. 人間七七四年 | URL | -

    交渉事はまずふっかけるところから始まる。
    参考になるな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12051-8a325496
この記事へのトラックバック